FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイに!楽しく!健康に!
「キレイ」にはいろいろなキレイがあります。 お掃除、整理整頓、食べ物、飲み物、思考、ビジネス...「心」。 多様なキレイを追求してみよう!  →→→  理想は理想かもだけど...、一歩でも、一歩ずつでも近づいていこう!

■ 最近の記事

■ カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

不織布マスク
コロナで、不織布マスクが重宝され出しました。
使うのはやむなしですが、破棄するときはちゃんとしないと環境負荷がかかります。

不織布マスクはプラッチックの仲間なので分解されません。
変なとこに捨てちゃうと排水溝がつまちゃったり(雨水があふれ浸水するとか)、野生動物がマスクに絡まってたり...とか困ったことが起こります。

この前レジ袋の利用機会をへらす作戦をしたけど、まだまだプラッチックは増え続けますね。

なんやかんやで地球環境を持続可能...って言われる方向にするのなら、一番の方法は人を減らす事かもですね。
マスクをしなかったら、コロナやインフルエンザやら感染症が広がり、劇的に人が減るのなら...、マスクをしないことが、環境問題解決の一手かもしれんです。

苦しいマスクは取り払って、気持ちよくコロナを増やして、環境改善に貢献しましょう!!

って、人減らしは怖いね。

ま自分でできる事...、自分のマスクは、きっちり処分しましょう。
周囲の人へも、簡単ですよね、啓蒙しましょう。

蛇足ながら...不織布マスクは、プラッチックの仲間ですが、燃えるゴミ(燃やすゴミ)です。(笑)(笑)
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

温暖化の恐怖
ほんとに気温がドンドン上昇したら、怖いこといっぱい起こりそうですね。
日本の四季は?
季節ごとのおいしい食事は??

さて、カナダのブリティッシュコロンビア大などの研究チームはワイン用の主要11品種のブドウに適した農地が大幅に減少すると予測してます。

11品種もだから、ほぼ今のワインはなくなりますね。

いわゆる北方系品種の産地では、植え替えができるものの、スペインやイタリーなど比較的南のほうでは、植え替える品種がなく、栽培自体の縮小が避けられない...とな。

今の希少ワインはますます希少になるね。
ピノ・ノアでしたら、ReloyのMusighyですよ、500万円!とか!

環境のため、勝手な生活や習慣を改めよう...って、モチベーションは、人それぞれだな。


ピノ・ノアがなくなるのって、いやだなぁ~って思うものの、新しい品種のブドウで造ったワインもおいしいかも!?

でも作付けして、収穫、醸造して、熟成するころまであと何年??(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

あと100秒!、世界終末時計!
人類滅亡を午前0時にみたてた世界終末時計で、昨年に続き、今年も残り100秒と発表された。
_110626008_doomsday_clock_hour_clock640-nc.png


1秒何年??って話じゃなくて、人類を危機に追い込む多様なリスクを勘案し、警鐘を鳴らすものです。

人類を滅亡に追い込む第一の要因は核戦争。そして気候変動と考えているようです。
昨年も残り100秒とされたのですが、この一年は、コロナの影響もあり、大きな要因(核戦争や気候変動)に関する進展はなっかったとの判断だそうです。

コロナに対しては、地球規模の公衆衛生危機への対応が間違った方向に進むリスクもあらわになったとの事。
なんかすごそうな危機なように聞こえますが、まぁコロナ程度、核戦争とは比較もできないよ...ってことだよね。
1秒も短縮されなかったのは、コロナなんてのは、なんの危機でもないという事ですね。

病気、例えば下痢をしたら、自ら行動も食事も制限し、お休みし、苦しみや、治療だけに注目しちゃいます。
完治するまでは、普段の夢、目標は、一瞬かもしれませんが忘れるというか、それに向かって貪欲に行動する事ができませんね。

まず治そう。
でも、そのことだけじゃないし、もっともっと大切なことがあるよね!

世界終末時計は、規模が壮大すぎるかもだけど、個人個人の向かう方向は、苦しくても見定めておかないといかんですね。


テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ワシらの味方の古細菌「アーキア」ちゃん
日本で一番大きいガス田って、関東南部の地下にある南関東ガス田だそうです。

ガス田だから、ガスがイッパイ溜まっているでしょうが、今なお、更にメタンガスが生成されているそうな。
そのメタンガスを生成しているのが、アーキアっていう古細菌だそうです。

しめしめ、イッパイガスを作ってください。
どうぜ、僕らは無駄にいっぱい使っちゃうんだから...。

アーキアが生成していることまでは分かったんですが、酵素やら仕組みまでは確認できませんでした。


でも、アーキアはワシらの味方なんでしょうね。
ってか、都合よく活用させてもらってる...って感じですね。

目に見えない世界だからって無視できません。

ところで、南極、北極、氷河の氷が溶け出してているようです。
永久凍土って言われるようなことも溶けだしているみたいですが、その中には僕らが経験したことのない...初めて出会う細菌もいるはずです。
なんか怖い事想像しちゃいますが、コロナごろ機で右往左往しているけど、予行練習??

でも、もしかしたら、すっごくイイ事をもたらしてくれるかもですね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

東日本大震災の海中ゴミ
東日本大震災の津波は人命だけでなく、多くのものを海中に引きずり込みました。

数カ月後だったか...米西海岸沖で、東日本のゴミが漂流してきたとの報道もありましたが、海に流れ出たがれきの約7割は、海底に堆積したそうです。
環境省の数字ですが、岩手、宮城、福島の3件からのがれきは約500万トンだそうです。

今でも漁場の底に沈んでたり、漁網に引っかかたりすることがあるそうです。
漫画の釣り竿に長靴が引っ掛かる絵を思い浮かべちゃいますが、実際の漁の現場では、笑えないトラブルですね。

政府は撤去のための財政支援で、クレーン船などの専門業者にも依頼しています。
船やら車やら大きなものは漁船じゃ無理だったりするもんね。

2018年度までに撤去されたがれき(畳、車、家電製品や木材など)は約10万4千トンで、2019年以降は約490トン。
合計約10万5000トン...。
近年、えらくペースが落ちてますが、残りは約339万5千トン?
先はながいなぁ。

沿岸近く、養殖場やら、定置網の漁場はほぼ片付いたものの、沖合のものがまだまだなんでしょうね。

流された金属、ビニールなど土にかえりにくいものは、僕らの生きているうちにきれいになることはないね。
僕らが回収、撤去するってよりも、長い歳月がかかり、わからなくなるってのが現実でしょう。

地球儀で見りゃ、ほんの小さなエリア、点かもしれませんが、少しでもきれいに戻して、次世代、その次の世代に引き継ぎたいですね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

山口 紀一

Author:山口 紀一
10年以上前、徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

お掃除するまえには、
整理整頓が必須です。

モノ、空間だけでなく、
頭の中、人間関係もキレイになれば
心も磨かれているはずっ!

いつでも、いつまでも
 キレイに!楽しく!健康に!

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除だけでなく、
いろいろなものを味方にして、
   変えていきましょう!

Key Word:「ECGS」
→Ever Clean
  Great Strategy
いつでも、いつまでもキレイ大作戦!

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイに!楽しく!健康に! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記