FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

地球で共存するもの
昨日は霊長類の絶滅に話題が及びました。

ヒトも絶滅危機種かもしれません...

ヒトも含めて動植物が絶滅したと思っても、絶滅しない種もあれば、新たに生まれる種もあるだろう。

絶滅危惧と一般に言っているのは、重荷陸地や海洋に生存している動植物も事です。
が、、それらに続く第3の生命圏がるのです。

それは、地中の奥深く、古細菌といわれる微生物たちなのです。
日経新聞の生命進化の図です。

生命進化の図

生命進化の一翼を担っているのですが、酸素を必要とするものだったり、不必要だったりと種類は豊富ですし、生命力も高いと思われます。
というか、よく分からないことのほうが多いのです。

納豆を生成するのも古細菌の一種ですし、古細菌の働きが地中にあるメタンガスが生成されたり、人類も、その恩恵にはあやかっています。
古細菌の働きは、細菌の微生物洗剤とかがあるように、身近なぞんざいですし、逆になくてはヒトも生きていけないのだと思われます。

ヒトが絶滅したら、どうなるのだう。
そうなっても、古細菌は生き続けるでしょう。
そして、そこには、新たな生命体が現れ、新たな世界、環境を作っていくのだとおもいます。

スポンサーサイト



テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記