FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

竹の有効利用はできないのか?
日本のモノはヒトを含め、どうやらやさしくて、
外来のものに対して劣勢です。
たとえば琵琶湖で繁殖しているブラックバスとか...。

でも、日本に長く根付いている竹は、生命力が強いようです。

現在、日本には16万ヘクタールの竹林があります。
その2/3、10万ヘクタール以上は、なんと手入れをしていません。
つまりは、荒れ放題なのです。

丹波の竹の子は高級品ですが、中国産の水煮竹の子輸入や、竹細工のかごなどの利用が極端に減っているようです。

問題は竹の繁殖力が強い事で、荒れた竹林は、道路や住宅地にも広がります。
家の床を突きぬけ、天井まで届く竹の映像をテレビで見た事もあります。
また、竹の根は浅いところに張り、どんどん広がるので、山崩れの一因にもなります。

同志社大学では、竹の繊維を取り出して、食器を作ったり、強度があるので車のバンパーを作ってみたり試行錯誤しています。
しかし、商品化にはコストが高く、大きなハードルとなっています。

そういえば、えべっさんの笹もビニール製だったり、七夕の笹も見かけなくなってきたし、使う事が減ってるんだろうなぁ。
ほっとくとドンドン繁殖するし、取ってきても利用機会が少ないし、難しいものです。

新しい利用方法の確立は難しくても、昔からの利用方法を見直す事も大切かもしれません。
「竹炭」の浄化効果は大きいみたいで、汚れた川に竹炭をしずめて清流を取り戻すプロジェクトがあるようです。
ちゃんとビジネスになって、進んでいけばいいですね。
無駄な事に公の予算を使うのなら、全国の川を竹炭できれいにして欲しいものです。

スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記