FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

公とは
昨年、龍馬伝を毎週見ました。
同時に、おさらい的に、「竜馬がゆく」を読み返したのを機に、司馬遼太郎の維
新期の小説を読み返しています。

で、今、大村益次郎を著した「花神」を読んでいます。

上巻 351ページから一部抜粋。

「(略)洪庵もその一人だが幕末の有識者というものは、その感情生活ですら私
情よりも天下のなりゆきごとを先行させて喜憂するというところが濃厚であり、
この有識者一般の通癖が、明治維新という文化大革命としても世界史上にない大
転換を遂げしめたのであろう。(中略)日本史上、どの時代にも、この時代ほど
公というものが、人の心を支配していた時代はない。

命を粗末にするのではなく、命がけで...、まさに命がけで公の為に尽くした。
公というのは、当時、それぞれの人の中では、たぶん違ったものを思っていただ
ろう。方向の全く違う事の為に命を落とした人も多い。
価値観の大きく変わる時代だっただけに、それは仕方ない。


で、今回の地震の被災地では、混乱が起こらず、冷静な行動は、まさに公の心だ
と思う。
地震を見て公というものを思ったのでなく、近年の政治を見て、そう思うのだが、
政治家の心には、公が非常に小さくしか存在しないように思う。

忘れてはいけない。
自然の力もです。
有権者も公の心をもって、賢明な判断をせねばと、改めて思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記