FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

盗品アートがオークションで落札
2000年に日本で盗まれたルノワールが、今年2月5日ロンドンのサザビーズで落札されていた。
約1億5千万円。

日本での所有者は、落札に気付き、3月に警視庁などに問い合わせた。
その人は返還を求める意向だが、返還請求の期限や購入者の特定の問題で、困難だそうだ。

オークションに出品する際は、オークション会社が、正式な所有者か、盗品でないか等の調査をする。
その調査では出品者は正当な持ち主で、保証もあったという。
いわゆる善意の第3者ってやつでしょう。

なお、手に入れたのは2000年だと言うから、盗んで即効でキャッシュ化したのですね。

警視庁は、窃盗事件として扱ったものの犯人は見つかっていない。
海外には、アートの盗品データベースってのが、民間運営ですが、ありますが、そこにまでは登録することはなかったようです。

オークション会社の調査も限界があるし、せめて登録しておけば...っても思われますね。

僕らが、本を売る時にも身分証明が必要なように、オークションに出品する時も身分証明が必要でしょうに。
顧客情報は極秘なのは理解できますが、こんな場合は、協力すべきだと感じます。

そりゃ、ルノワール盗んだら、海外で売りさばこうと思うよね...。

こんな部分でも国際協力って言葉が出てきます。
そのアートの党品データベースには約27万点が登録され、毎年1万点が増えているらしい。
ちなみにルノアール作品だけで約400点。
データベース全体で、日本からの登録は、なんと30点のみ。

画廊は海外とのやり取りは日常でしょうが、警視庁には特殊すぎたのかな??
そもそもこれをあつかった画廊は、教えてあげればよかったのにね。

で、このデータベース、日本での盗品が登録されると、また、一気に作品数が増えそうですね。
仏像とか...も登録する事になるのでしょうね...。

スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記