FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

行きたい国No.1 「パラオ」
No.1ってのは、ぼくのNo.1です。(No.1の国はいっぱいあるんだけどね...)

日本から南へ3,000km、太平洋に浮かぶキレイな島群です。
台風の発生するあたりよりも南なので台風も来ない、ホントに楽園なのだ!

沖ノ鳥島の近くで、人口の4分の1は日系人、えらく親日国です。
世界の戦争時代、日本はパラオに南太平洋の統括基地があったこともあり、今でも当時のものが残っている。
メインの大橋や、ゴミみのリサイクルセンターやら、日本からの寄付した施設もわんさかあるし、日本の名前を持つ人も多い。
日本との親交が深まった要因の一つは、日系のナカムラ大統領の尽力も大きいらしい。


先日、テレビで特集があるというので、喜んで見ました。

美しい島や海には、戦車や戦闘機、兵士の隠れてたほら穴や、自決した場所などの戦争の痕跡も、多数残ります。
観光客も増えてきている中で、多くの側面を紹介してくれてました。

そのひとつですが、中国が侵略しつつあるという話題も出てきました。
不審船だけでなく、中国資本の自然を壊すホテル開発とかもパラオを汚します。
建築現場で働くのは中国人ばかりだし...。

パラオ当局の人にとっては、中国が迫ってくる中、同盟国のアメリカや日本への期待が大きいようです。

困った...。

日本は、自国すらチャント守れないのに、期待されてもこまるんだけど、日本として世界平和に貢献すべきであり、ホントはその力を持っていると思います。
日本がチャントしないばかりに、迷惑をこうむる小国がイッパイあるのだ。
まずは、自国周辺の安全をキッチリ確保しなくてはいけませんね。
最初の一歩ではありますが、日本の安全が確保されれば、その影響で、他国への侵略をけん制することにもなるのです。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記