FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
食品ロスをへらせ!
食品業界の慣習で、賞味期限まで期間の3分の1を過ぎると小売店に納品せず、破棄するらしい。
大量の食品が、消費者はおろか店頭に届かないまま無駄になっているのだ。

農林省は、飲料と菓子の納品期限を、賞味期限の2分の1の期間に延長する実験をした。
業界の中で、メーカー、小売店35社の参加でしたが、食品ロスは減少した。
ま、当然ですね。

で、その減少を年換算すると、飲料が約4万トン、お菓子1200トンで、それぞれ71億円と16億円相当だという。

飲料と菓子以外の業界でも検証すれば、大きな食品ロス削減の道が見えると思われます。


農水省によると、2110年の食品ロスは500万~800万トンと推計されている。
一部の飲料と菓子だけでも87億円のロスカット...、ならば、全部合わせると...きっとすごいよね!


ま、経済的に無駄もさることながら、もったえない話です。
なるべく無駄のないように...。

賞味期限なんて、少々過ぎてても、おいしく食べられるのにね♪ (ぼくはね...)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ISD個性心理学の先生
えー、ISD個性心理学は、生年月日に基づいて、個性、思考のクセ、行動の傾向を分類しちゃいます。
自分を知り、相手のことも分析できれば、劇的な違いを乗り越えて、より深く理解しあえます。
そして、より明るい未来を創造できるのだ!

自分と、自分の人生の流れを知りたくて始めたISD個性心理学は、より深く知れば知るほど、自分だけでなく皆の役に立つものだと確信も深まります。
ISD個性心理学は、コミュニケーションツールとして、大きな力を発揮します。
家族、社内の身内だけでなく、取引先など社外から、広くはマーケティングコミュニケーションまで!
多様な場面で活用できます。

そして、いまではISD個性心理学をお教えするような先生になっています。

一昨日と昨日は、インストラクターになる資格講座の先生でした。
2014-03-29.jpg

講座を開催するのは、受講料も負担してもらうし、責任も重く、緊張もする...。

今回は二日間プラス、その数日前に1日のアドバイザー講座の合計3日間の講座でした。

一方は先輩の経営者。
講座の合間合間に、多くの学びを頂き、ヒントも満載の時間でした。

そして、もう一方は、美人インストラクター候補!
彼女の本性をあぶりだしつつ、楽しく講座は進みました。


先生活動をしつつ、楽しく、多くを学ばせていただき、幸せです。

ありがとうございます。


ISD個性心理学を広めるのはある意味社会に貢献できると思っています。

みなさん、一緒に学びませんか!?

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

大気汚染
WHOは、大気汚染による死者が700万人(2012年度)に達したとの推計を発表した。
従来からの予想の2倍以上だそうです。

まきや石炭の利用による屋内の空気の汚れに起因する健康被害も多いらしい。

屋内の空気汚染による死者は430万人、屋外が370万人で、両方が原因という人もあるとのこと。

地域別では、日本や中国を含む西太平洋が288万人、東南アジアで230万人で、半数以上。
中国と日本が同じエリアとされているのも変な話だと感じるけど、国土が小さいからやむなし・・・。

日本など高所得国に比較すると、中国などの中低所得国は、5倍以上の死者だという。

ま、日本も「0」ではないのだ。
そして、PM2.5やら黄砂やら、危なっかしいものの流入が増える近未来を心配しちゃいますね。
今日は、空気が悪そうだから...って息止めるわけにもいかないし、空気のきれいなところに引っ越すことも、なかなかできないしね~。

ま、割合の多い、屋内の空気汚染には、気をつけるようにだけしましょうね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

消費税
消費税アップ、はんたーい!
なんて言っても始まらないのだ...。

で、いざ駆け込みで買ったもの。
2014-03-22 (2)

いつでも必要なごみ袋、きれかけてるシェービングクリーム、きれてるウェットティッシュ...。

なんか駆け込み需要にはほと遠い...、ってか4月からの新生活応援セールで買ったほうが安かったかもしれんし。

次の消費税アップに向けて、なにか自慢できる買うもん、考えときます!

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

スマホのアプリ
iPhoneにして半年過ぎました。

外出先で、わざわざPCを使うことが激減しました。
主にメールにLineに連絡が楽になりました。
スケジュール管理も、SNSも、なんでもできちゃいます。

Lineもアプリ、PCメールをさばくアプリも使うし、ブラウザーは当然、天気予報も...。
最近は、自分のいる周辺の雨雲の状況もチェックできちゃいます。
⇒自転車に乗る身には、切実に必要なのだ。

カメラ機能は本体についているのに、カメラのアプリも入れてます。
アプリを試してみたりで、結構遊べもしちゃいます。

そして、全部無料!
便利便利!

みんな無料のアプリを使っていると思いきや...、日本の消費者が有料アプリ1本あたりに費やすお金は世界一なんだとか!?

1本当たり540円で、世界一。
韓国で350円程度、米国では、250円程度。

それがタブレットでは、750円程度まで上昇する。

僕はゲームをしないから、無料で満足できるのかな?

iPadでビジネスをしたときは、オフィスソフト等のファイル閲覧、編集ソフトを有料で買ったけど、ほぼ使わんかったし...、今後も買わないだろうなぁ~。


PCもタブレット化していってて、今後アプリ市場は拡大するようなことも言われますが、どんなアプリが売れてるんだろうね~??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

オオタカの都心生活
オオタカは、従来は日本の山林部に生息する50センチ程度の猛禽類で、自然保護の観点から保護され、その個体数は増えているようだ。

増えているっていうのも、山林部ではなく、都心部にて...って、ちょっと不思議ですね。

山林部では、むしろ農薬汚染や、開発などで個体数は減少傾向。

で、都心部で増えつつあるというのは...、特に東京では、明治神宮などの人工林もあり営巣地も多く確認されている。
もちろん目撃例も増えているのだ!

で、都心でオオタカは生き延びられるのか...って思うけど、むしろ生きやすいようです。

ハト、カラスとかムクドリなど餌になる鳥が多いのだ。
しかも、その狩りは、フェンスに追い込んだり、カラス駆除の檻に入って食べちゃったり、頭脳はなのだ。
檻に入っても、オオタカは逃がしてもらえるのだ。
人工物まで活用しちゃうんですね~!

森の多い東京では、増えているけれど、大阪では、そうでもないみたい。
大阪城公園やら、大泉緑地では、目撃情報があるけど、営巣は未確認。
どこから来てるんでしょうね?

ま、希少動物が増えるのはいいけど、増えすぎたら、駆除するかとかって??なるのかな~??

最近、動物ネタが多いなぁ~。
自然のバランスって、なんなんだろうね?

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

古くて、新しい感じのの大型船舶
昔の船の動力は、風力と人力...、ま、主に風力でしたよね。

政府は、、東大や商船三井と連携し、主に風力で動く大型船を開発する方針らしい。

ハイブリッドっていうと、動力をガソリンと電力にたよるものが常識的に思っていましたが、さらに風力もあるのか~。

確かに海上を航行するのに、風力も利用できると助かりますね。
CO2も、燃料も削減できるし。

大型タンカーとかが、帆船になるのかな?

帆船って聞くと、海賊船をイメージしちゃいますが、近代的な帆船ってのも見てみたいですね~♬

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

国際規格
日本の提案した生活支援ロボットの安全規格が、国際標準化機構に採用された。

家事や介護を手伝うロボットが普及、海外展開していく中で、日本の技術が優位になるのだ。

エー、どんなロボットかというと、高齢者とかが移動するときに乗るロボットとか、装着して歩くとかです。
障害物を回避したり、止まったり制御することとか、意に反して動かないシステムを組み込むことが必要です。
産業用ロボットよりも安全性が求められるのです。

産業用のロボットも日本は優位だと聞きますが、生活支援ロボットも世界を駆け巡るのか!?


日本が繁栄して、おこぼれにあずかる作戦っ!
長期戦なのだ...。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

動物保護って?
ペットショップが犬と猫を展示できる時間は、午前8時から午後8時までとさているらしい。
しらんかった。

ペットショップでは、ついついカワイくて、立ち止まっちゃいます。
が、あの狭い空間で展示、販売されるって、犬、猫にはストレスなのでしょうね。
米国では、すでにペットショップがないらしい。ホントかな?

最近は、猫カフェってのがあって、カフェの中で猫と触れ合える。
ま、ぼくは犬派なので行くこともないでしょうが...ね。

そこで働いている猫にもストレスがあるらしくて、1歳以上の猫で、カフェの中を自由に移動できるってのが、猫カフェの条件らしい。
で、夜間営業は10時までとするきまりがあったら、あと2年、この措置を延長するらしい。
で、猫へのストレス、影響をさらに調べるらしい。

調べるって...、どう調べるんだろうね?

動物にストレスって...、ねぇ~??
ファジーすぎて、何のことかわかりません。

ペットショップに、猫カフェの動物のストレスは気になるのなら...、動物園の動物は???

ゾウも、キリンも、狼も、虎も、シマウマも、ライオンも、アザラシも、白クマも、カバも、ペンギンも...、みんなホントはストレス感じてるかもしれないし、自然の中のほうがいいのかもしれません...。


ま、動物園がなくなったら、デートに行くとが一つ減っちゃうからイヤだけどね...!?

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ゼニガタアザラシの事
ゼニガタアザラシは、絶滅危惧種に指定されています。

北海道襟裳岬周辺で、徐々に個体数が増えているのですが、ゼミガタアザラシが定置網漁の魚を食べちゃうという被害が相次いでいるそうな。

絶滅危惧種を守るために、観光資源になる外来種を駆除するか、って問題がありました。
http://everclean.blog35.fc2.com/blog-entry-2310.html

ま、よく似た状況ですね。
地元の人の生活と、絶滅危惧種のどっちを取るのって??

遠く離れていると絶滅危惧種...って思うけど、切実な問題でしょうね、地元では。


なんにしても、今を乗り切るのは、まず大切ですが、未来への影響は予測しがたいですね。
今のアクションは、たとえ数年後だったとしても、未来の人が、未来の価値観で、未来の時点での是非を判断するのだから。

ただ、過去の成功、失敗から学び、よりベターな解決ができるようになりたいですね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

初孫との対面は、26歳になってからだね...
少子化が進み、一人の子供に養育費含めて、かけるお金が増えています。
いわゆる6ポケットなんていいますね。
両親と両方の祖父母...合わせて6つのポケット(財布)から、お小遣いとか...いろいろね。

初孫って、えらく、とてつもなくカワイイって聞きます。
特別らしいです。
いつか経験したいですね。

横田夫妻は、孫のヘギョンさんと「初対面」しました。
孫は、26歳になっていました。

娘のめぐみさんとは再開できず。


戦争は反対。
でも、戦わなくてはいけない時もあるでしょう。

国民の幸せを犠牲に、なんでも泣き寝入りは許せません。

武力も、核も必要です。

核保有している相手に、丸裸で主張できることは、ありません。

その孫が、「初」なのかしりませんが、生まれたての赤ちゃんの時に、抱っこしたかっただろうに...。

めぐみさんが拉致されて37年目。
靖国参拝当然、軍隊当然、軍事産業当然、核保有当然。

国の意義は、国民の生命と財産の保護です。

一人でも、犠牲にしてはいけません。

北方領土、いつか取り返すべく、機をうかがう...、なんてのん気に構えていてはいけません。
人の命には限りがあるのです。

盲目的に、反戦、反核...など支持してはいけません。
人は、だれでも、そう思っています。

聞こえがいいのかな?
僕には逆説的にしか聞こえませんけど。

横田さん夫妻に、かわいそうな思いをさせているのは、僕らの選挙での投票が、正当でなかった事も問題なのです。
自分が正しくても、周囲の人も正しくできるように議論してあげないといけないのだと...思います。
なかなかできないけど...。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

縮む水星
水星の直径が14kmも縮んだらしい。
直径は約4,880kmなので、0.3%弱です。

水星は太陽に一番近いけど、中心核が冷えたことで、少ーし縮んで、表面の地殻にしわが寄ったようになったそうな。


地球は、温暖化って言われたり、寒冷期って言われたりしています。

でも、星はできてから、やがて冷えて行くような気もしますが、地球も、そうならちょっとづつ縮むのかもしれません。
しわが寄って、大地震も起きるのか?!

ま、寒冷期なら、どうもがいても仕方ないので、一生懸命、楽しみましょう。


でぇ、水星が14km縮んだってのも、14億年前との比較...でした、とさ。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

北海道とニジマス
北海道は、道内の生態系を守る目的で外来種を規制することを、昨年定めた。
ニジマスが、その対象にならないようにと、釣りの愛好家が立ち上がった。

ニジマスは、北米が原産で、明治10年、食用目的で輸入された。
北海道では、、ほぼ全域に分布している。

ニジマスが、規制の対象に指定されると、駆除され、放流も禁止になる。
ニジマス釣りが好きな人は、もうできなくなっちゃうのだ。
愛好家は、まぁ、次の獲物を探すのでしょうが、ニジマス釣りをネタにしている観光業者が困る。

ニジマスは、歴史的にも、経済的にも強い結びつきがあるそうな。
北海道に長く定着しているので、もう北海道の生態系の一部...なのかも???


一方、ニジマスは、絶滅危惧種のイトウの産卵床を荒らしたり、在来種のオショロコマなどを捕食しちゃう。


さて、北海道...、経済をとるのか...、生態系をとるのか...??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

飛行機のお作法
飛行機の中では、電話はオフにしなきゃいけません。
離着陸のときは、すべての電気機器をオフにしなきゃいけません。

どうやら、この夏から、機内モードにした携帯電話(スマホ)は、離着陸時も利用OKで、デジカメや音楽プレーヤーもOKに変更になるらしい。

従来通り、外部と通話するとはダメですが、自由度が広がります。

解禁は便利になるような気がするけど、今まで、機内の危機に悪影響があるとされていたものが、やっぱ大丈夫...って、何を根拠に決めたたんだろうね。
新聞記事には、米国の航空当局に追随しているような文もあったけど...、そんなんでいいの?

そういえば、前は、離着陸の時は窓を開けてください...って言ってたのに、閉めたままでいいようになったし。

大きなことじゃないけど、ちゃんと知らせればいいのにね。
今まで、なんとなく禁止してましたが、解禁します...とかって。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

社会人の常識...イロイロ
そろそろ新入社員...って季節です。
社会人としての常識とか、お作法とか、イロイロな混乱があるのでしょうし、会社ごとのこだわりもありそうです。

名刺交換なんかでも、イロイロなお作法があるように感じるし、最初に学んだお作法を守っている人もいますね。
なんにでも、お作法を作って、ホントはこするのよ...的なマナーの先生もいますが、いくら商売でもやりすぎって思うことが多いです。

ま、おいといて...、新聞やらテレビで、イロイロなお作法、社会人の常識が紹介される季節です。

その中で、僕が、「今更」学んだこと...。

「貴社」と「御社」の違い...。

どちらも同じ意味です。

貴社は、書き言葉。
御社は、口語。


もともとは、貴社が正式でしたが、会話で話すと、同音異語で「帰社」、「汽車」、「記者」などいくつかの言葉と紛らわしい場合もあるらしく、御社...というようになったらしい。
御社だったら、恩赦とは、さすがに間違わないだろうね...。


僕は、「御社」ってばかり使ってました。
定型文で、「貴社、ますますご清祥の...」って出てきたときは、そのまま使うけど、ほかは「御社」って入力してました。

初心...には戻れませんが...、知っておくべきこと、マナー...、ちゃんと習得しなくては...。
馬鹿にせず、新社会人向けの記事も目を通してみようかと思いました、とさ。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

日本の地震とウィーンの計測
1923年の関東大震災のとき、即座に世界に知らしめてくれたのはウィーンのオーストリア気象庁らしい。

地震の直後、ウィーンの地震計は、大きな振れ幅を観測した。

ウィーンまでは約9千キロメートル、地球の反対側って言いたくなるような場所です。
そのウィーンでは、関東大地震の発生後12分で観測しだしたらしい。

東日本大地震も、その12分後に地震波を観測している。

太平洋の向こう岸に小さな津波が来たよ...ってなことにもびっくりしますが、海を越え陸を越えたウィーンにまで地震波が伝わるとは...。

地震って、地球規模での、地盤とか、なんかの調整なのですね。

1923年当時、日本は、すでに、地震多発地帯として知られていたそうな。
異なる地震波の到達時間のずれの計算や、日本からの地震波の波形も分かっていたので、日本が震源地とすぐ分かったそうだ。

東日本大震災での犠牲者は、死者15,861人、行方不明者2,939人とされている。
関東大震災では、約10万5千人が死亡した。
(ちなみに阪神淡路大震災は、死者 : 6,434名、行方不明者 : 3名)

犠牲者の数での比較は適切ではないにしても、1923年の犠牲者の数として、めちゃくちゃ多いような気がする。


当時から、日本は地震多発帯だと知っていたのに、地震対策は、まだまだ乏しいような印象です。
どうしてだろう?

ある震災対策の先生は、今からどんだけ急いで耐震対策をしても、決してすべての住宅の耐震化ができるなんてことはない...、と完全にあきらめている。
さびしい発言だけど、現実的です。
だからこそ、どう対応し、被害をどう小さく食い止めるか、考えなくてはいけません。

まずは、非難食、非難道具等の設置からかもしれません。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ビッグデータと、統計と、ISD個性心理学
ビッグデータって一時の話題でなく定着するのでしょうね。
データを解析したら、個人の嗜好や行動は、浮き彫りになってくるのか??
自販機を前に、自分で選んで買ってるつもりが、特定の商品を買わされているのかもしれない。
ま、心地よく買い物できるなら、それはそれで構わない...、けど、ちょっと悔しいかもね、他者やデータにコントロールされてるって。


さて、データはデータでも、活用する過程でしっかり統計として処理しなくてはいけません。
統計は、単なる多数決ではありません。

最近の行動科学、行動心理学みたいな本が多く出てきてますが、統計をベースに理論だてています。当然ですが。

このまえ、ほんまでっかTVを見てたら、サンプル数10人で明らかな違いが出ました...って言った人がいたけど、サンプル数10は、統計処理できません。
僕が学生の頃は、最低28サンプルでした。
これでも少ないけど、学生が周囲の人にアンケートとったり、実験に参加してもらうには、ちょっと大変な数でした。
統計処理して、信頼度90%の結果です...とか、「信頼度」の高低にも影響してきます。

最近の新聞を見ていると、どうも、信頼度の低そうな実験の結果を、こじつけて発表しているようなことが多いように疑います。

「統計学が最強の学問である」なんて本がベストセラーになったりしてましたが、統計をしっかり使えば、人の行動、心理が浮き彫りになります。
行動心理学の実験では、仮説を立て、状況を設定する事が、大きなポイントですね。

笑える実験結果もあれば、ビックリするものもあるし、信じたくないものもありますね~。

最近、ハマり中の、ISD個性心理学では、独自データを約20年蓄積し、生年月日だけで、その人の性質、思考や行動の傾向を統計処理し、分類しています。
分類のベースには陰陽五行や四柱推命等がありますが、これらも統計なのです。

ISD個性心理学を学び、自分と他者には、「劇的な」違いがあることに気付きだしました。
良かれと思ってしたことも、有難迷惑になっちゃうこともよくあるっぽいですね!?

自己を知り、他者を知ることで、その違いを、すんなりと受け入れることができるのでしょう。
その上で、よりよい未来を想像できればいいですね~。

ISD個性心理学、子育てカウンセラーの開発者、服部先生が来週講演します。
特に20日の赤ちゃん、子育て層に絞り込んだ内容は、なかなか興味深いですぞ!
(19日も面白いんだけど、ほぼ満席みたいやし...)

一度、聞きにきてください!

140320赤もち講演会

140319ISD講演会

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

自殺? 自死?
自治体において、自殺という表現を「自死」とすることが増えているようです。

自殺という言葉には命を粗末にしたり、自分勝手に死んだ...的な印象もあり、残された遺族が一段と傷つく...、という理由からです。

一方、自死という表現では、やわらかなイメージになり予防の観点から好ましくないとの反対理由も出ています。

自殺はダメです。
きっと助けはある。
でも、どうしようもなく悩むこともあるでしょう。
人生の中では、つらいことのほうが多いのでしょう。
だからこそ、キラリと光る喜びを求めて、一生懸命生きなくてはいけません。

「生きていることだけが真実」と、西野皓三先生から教えてもらています。
当然のように聞こえる言葉、シンプルすぎるかもしれませんが、この事を見失ってはいけません。

人は一人ですが、家族、仲間のためにも生きているのです。



でも、どうしようもない...ことも、どうしようもないと考え、抜け出せなくなることもあるのでしょう。

がんばりましょう。



自殺でも、自死でも、どっちでもいい。
のんきな言葉遊びなんやと感じます。

老人、後期高齢者、後進国やら、いろいろと「言葉」や表現が適正でないと変更されたものもありますね。
なんか、うまく思い出せませんが...、つまり、あまり重要に思えてないだけのことですね、僕が。
数年後に、自死という事がまかり通ってるかもしれません。
が、僕は「慣れてるので」自殺といってるでしょう。

JRとか国鉄とか・・・、ちょっと違うけど、ようやくJRがなじんできました、僕には。
しかし山手線をE電という運動は、すぐにたち消えましたね...覚えてる??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

凶暴スズメバチがやってきた...
ツマアカスズメバチってのが長崎県の離島、対馬にやってきて、定着しだしているらしい。

中国原産のこの蜂は、異常に凶暴で巣を刺激したと判断するなど、敵を執拗に追尾し攻撃する。
刺された人は、死に至ることもあるらしい。

体調最大3cm程度と大きく、ニホンミツバチを捕食しちゃう。

昨今、ミツバチが突然消えるなど、農作物に脅威=人の食物としても脅威、との報道が聞かれる。

人間への被害だけでなく生態系への影響も大きいのだ。

アジアを中心に分布していたが、2003年ごろから韓国で急激に分布が拡大し、都市部でも確認されている。
また、2004年ごろからはフランス南部で分布が拡大している。

ミツバチへの影響も心配ですが、日本中に分布するのも嫌ですね。

大げさに言うと、食物がなくなって飢えるのと、刺されて死ぬかもしれない目に会うのと、どっちがイヤか??
いはいや大げさすぎる...。

でも、どっちも嫌なので、人にというか、日本人に不都合なスズメバチを、対馬で撃退、駆除してほしいですね...。

って思いつつ、人の都合と判断で、駆除するのも、なんか心苦しい...かもしれない。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

日本の子供は幸せか?
ユニセフ調べで、教育、住環境、健康面など5項目の現状を踏まえ、幸福度を算出した。

先進31カ国の中で、日本は第6位。

物質的な豊かさは21位、健康と安全は16位、住居と環境は10位。
教育と日常生活のリスクの低さの1位がけん引し、第6位という結果。
肥満の割合や10代女史の出産率や飲酒の割合が小さい...ってのも好影響だったそうです。

海外の問題や、幸せ感で作った項目なのでしょうね。
引きこもり率や、教室崩壊率やら、公園で遊ぶ率...とか、なんか、イロイロ加味できていないものがありそうです。


幸福度ランキング上位です。
1.オランド
2.フィンランド
3.アイスランド
4.ノルウェー
5.スウェーデン
6.日本
7.ドイツ
8.スイス
9.ルクセンブルク
10.ベルギー

とくに上位は、なんとなくわかるような気もします。
大人の幸せ度も高いんじゃないかな?
しっかり自己形成ができてそうな、イメージです。僕にとってはね。

でも、まー幸せって、他人が決めるわけでもなく、自分が、その環境の中で育んでいくものですもんね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ブラジルの落書き
ブラジル各地で、スプレーを使った落書きが氾濫しているそうな。

所有者の許可なく落書きした場合、罰金か、3月~1年の懲役、清掃奉仕などの罰則がある。
落書きされたほうは、消したとしても、すぐ描かれるので、あきらめている人も多いらしい。

ただぁ...、落書きの中にはナカナカいい絵もあるそうです。


さて、ブラジルでは、「カラー・プラス・シティ」というプロジェクトが立ち上がった。
自由に表現できる場を増やそうというもので、自己所有の不動産、室内の壁や外壁や、ビルの壁面など、描く場所を提供したい人が登録し、描きたい人は、その中から場所を選ぶ。
デザインや費用は、相談の上決める。

現在34,000か所ぐらいの場所が登録され、約60%が決まっている。


暗い裏通りが、明るくなったとか喜びの声も出てきています。

しかも、もう落書きとかって言葉でなく、「グラフィッチ」って呼称になり、芸術っぽくなってきたそうな。
落書きの街が、芸術の街に生まれ変わっちゃったのかな??


英国では、すでにバンクシーって、正体不明のプレミアな値段の付く、芸術家も出てきています。
ある日朝起きたら、家の壁面に落書きされてたけど、実は、数千万円の価値に化けてるって感じ。


でもでも、大阪の落書きは、どこまで行っても落書きままなのかなぁ~??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

座高を測る意義
身長、体重に合わせて、子供の発育状態を知る目的で、座高も測定する事にしたらしい、昔にね。

座高で、発育状態といわれてもねぇ~。
でも座高も測定するように法令で定められているらしい。
手がこんでると言えばそうだし、キッチリと言われればそうですね...。

座高の測定が始まったのは昭和12年だそうだ。
当時は、「胴体が長いと内臓が丈夫で、兵役に向いている」という理屈もあった「らしい」。

そんなん間違ってるとは知ってはいるけど、現代では、机や椅子の高さの調整に活用する為...だという。

ホンマかなぁ~??
現場は、そんな丁寧にはしてくれないような気がするけど、これは僕の知らない事なので、何とも言えません。


で、昨年末、座高の測定は廃止すべきという報告が上がってきたらしい。

で、早ければ、来年からやめるそうです。
これを、だいぶん先と思うのか...、すぐだと思うのか...???
あくまでも、早ければ...ですね。

座高測定機器のメーカーは、在庫があるなら早く売っぱらわねば!?

ちなみに座高を測定しているのは日本だけらしいので、輸出はできません。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

パフェとサンデー
小学校の頃、母に連れらて、心斎橋の商店街のプランタンって喫茶店で、ストロベリーサンデーを食べさせてもらうのが、すっごく好きでした。
きっと自家製のアイスクリームに砂糖をまぶしたイチゴをつぶしたようなソースは、触感がチョットザラザラしました。
そのプランタンも、いつの頃かなくなり、周辺では、いろいろなスイーツ屋さんが立ち並びます。

そうそう、巨大なフルーツパフェ屋さんも、なくなっちゃいました。
もものパフェとかっていうと、ももな2個、3個使った大きなパフェが出てきました。
出てきたら苦笑いしちゃうほど...。
それを一人1品オーダーしないと、店主は許してくれないストロングスタイルでした。

ま、どっちにしてもアイス派なのです、僕は。

サンデーとパフェ...何が違うのでしょう?

パフェの語源は、フランス語のパルフェってデザート菓子。
サンデーの起源は、19世紀の米国の安息日で売られてたアイスシロップかけ。

で、傾向として、縦長のグラスに入っているのがパフェで、口の広いグラスに入っているのがサンデーといわれる事が多いようです。

プランタンのストロベリーサンデーも、口の広いグラスだったなぁ~...。


ちなみに、サンデーのつづりはSANDAEで、決してSUNDAYではないのだ。
なんでやろね~??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

審判の顔
俺がルールブックだ! といった審判がいました、昔の日本のプロ野球に。

審判は石ころで、プレーには関係ない。たまたま審判にボールが当たっても、石にあたったとみなされる。

前々回ぐらいのサッカーワールドカップでは、スキンヘッドの審判が話題になりました。
何の事かわかりませんが、日本のテレビCMで見かけたり...、ちょっとした人気者でしたよね。
前回のサッカーワールドカップでも、日本人の審判がどのゲームで笛を吹いたって注目を集めました。

日本で野球を見に行ったら、審判の名前は、どこかに表示されています。
それがお作法なのか、ルールなのかは知りませんが...。
でも、表示されてるからって、身内のほかに興味のある人はいないのではないですか???


ただし最近では、審判は単なる石ころでなく、選手とともに試合を作る構成員の一人だと考えられるようになってきているらしい。

どちらかのチームに肩入れるのは論外、基本的なルールにのっとらないのも論外。
その上で、審判の個性が、試合に影響を与える...ってのはどんな事になるんだろうね??
サッカーの試合でも、審判の声のかけ方で、反則が減ったり、スムーズに試合が運んだりって...解説者の言葉も気になります。

審判ごとにも、○○高校出身で...とかって経歴が分かったりすると、べつな見方もあるかもしれません。


ん~、そんなに大きくは違わないか??


審判個人のネタが、何のスポーツにしても試合の魅力がアップできる要素になるかもしれませんね。
...何のスポーツっていうか、限られたスポーツでの事かもしれませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナって聞くと、なんかおいしそうな気がするのは、料理の名前っぽく感じるからか!?
...これ、ぼくだけか??

で、ヤンバルクイナは、沖縄本当の北部に生息する飛べない鳥、絶滅危惧種です。

1985年に1800羽だったのが半分に落ち込み、今は1500羽まで回復してきたとの事。

この間、何をしたかというと...、天敵のマングースを捕獲しまくったのです。
天敵が少なくなれば、そりゃ増えますよね。
マングースの捕獲、ピーク時は年間600匹だったそうな。
毎日1匹とプラスアルファーです。
最近は、200匹程度だという。

で、このマングース、もともとは、ハブ退治のため輸入されたものです...。
つまり人の手で、無理やり連れてきたのですが、繁殖しすぎたのか...、いやヤンバルクイナと食べ続けたので、今更ながら捕獲されまくってます。

ヤンバルクイナは、増え続けているものの楽観はできない。
最近では、森の中だけでなく集落の近くや道路わきまで出没する。
で、交通事故で死んじゃう個体もいるそうだ。
12年で47件、13年で35件。
全体の1~2%です。

沖縄では、他にキツツキのノグチゲラや、日本最大の昆虫ヤンバルテナガコガネなどの固有種が生息する。
多くの固有種、希少種がいるそうで、沖縄では、保護するととともに、世界自然遺産登録を目指しているそうだ。

交通事故が増えていくのなら、ヤンバルクイナの次の天敵は、人間になっちゃうかもしれません。
困ったものですね。


ところで...ハブは、マングースがやってきて、その後、どうなったんだろうね??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

スモール革命
今更ですが、お一人様ってのが増えてきました。

外食産業でだけでなく、高齢者の独り暮らしに対応するような業界でも。

スーパーとかでは、お惣菜、お肉、お刺身...など、小さいポーションで売り出している。

スモール革命って新聞には書いてましたが、革命なのでしょうね。

コストコは、やたら大量に、まとめて単価は低いけど、総額が大きい...というレジで悲しい事になります。(僕の場合)

スモール革命は、総額は小さいけど、単価は高い...、つまり利益率が高いって事になるのです。

売る側からしてみたらそうでしょうが、買う立場の人から見ると、余分に買わなくてすむので、経済的で、好ましいのでしょうね。
⇒僕は、また、まとめて安い...って方が好みです。

お菓子や、保存食品にしても、子袋に分かれてたり、一人前ごとに調理する仕様になっていたり...至れり尽くせりです。


さて、このスモール革命ってのは、住宅業界でも起こっているそうです。
平均床面積が全国一の富山県(150平米)は、戸建てが中心です。
が、最近富山駅周辺の60-90平米のマンションがドンドン売れてるとの事。

郊外の戸建てよりも、総額は安いけど、平米単価は2倍ぐらい高いらしい。

ちなみにメインの購入者は高齢者だそうです。
やはり、利便性が優位なのでしょうね。


そして、人口は減ってるけど、世帯数は増加しているという背景もあるのでしょうね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

自律神経とバランス
自律神経は、通常各人の意思でコントロールできません。

その自律神経は、交感神経と副交感神経に分かれます。
この両者のバランスが大切です。

交感神経は、仕事、勉強、運動し、興奮、緊張しているときに高まる。
副交感神経は、睡眠、入浴など、リラックス時に高まる。

日中は交感神経、夜間は副交感神経が優位になるといわれています。

往々にして、現代の生活では、交感神経が高まりがちのようです。

ストレスを減らし、副交感神経を高めることで、交感神経の影響下の仕事、勉強の効率を上げられればいいですね。

休息の取り方のほか...、笑って過ごせればいいですね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

カラス被害、5年で撃退!
大阪府箕面市では、以前、カラスが300羽ぐらい集まり鳴き声だけでも生活に支障が出るほどだったらしい。

主に西部、桜井地域が対象でしたが、2009年から対策チーム編成し、餌やりを禁じる条例を制定し、鏡やライトを使い追っ払い、ねぐらを撤去し、ゴミの出し方を徹底した。
住民も、ゴミ業者も追っ払い活動に協力したという。

えー餌やり禁止ってのは、当時猫の餌の放置が、カラスの集まる原因になったからですね。

で、5年たった今年、カラスの被害終息宣言をした。

よかった、よかった。
ちゃんと効果が出るのですね。
当たり前の事なのかもしれませんが、行政と住民が協力して成果を出すって珍しいような気もします。

箕面市の一部地域の事で、限られたエリアでのできごとでしょうが...、この対象エリアが広がれば...って想像しちゃいます。

国政も、国民の利益、意見をちゃんと反映できればいいのにね...ホントは。
カラスの被害のような単純な不利益を解消しようという目標は共有しやすいですが、なかなか難しいですね。
変なメディアに惑わされないようにしましょうね...。


でもぉ、300羽のカラスは、どこに行ったんでしょうね...??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

震災のその後
東日本大震災、福島県では、1,607人の命が奪われました。

その後、避難生活での体調悪化や過労、自殺などで命を落とした方が1,656人となった。

「震災関連死、直接死を超す」と新聞で見出しがありました。

岩手県、宮城県でも関連死の数は、直接死のそれに迫っています。


東北の町の復興はいつになるのでしょう。

僕らは、もう記憶が薄らいでいる...というか過去の話のように感じているかもしれません。

ソチ五輪で盛り上がり、東京オリンピックを心待ちにしています。
そのための施設の建築は、大規模なものになるのでしょう。
景気の浮揚のために必要なのかもしれません。

消費税アップを控え...、なかなか...なんとも...。


テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

星新一とドラマ
星新一といえばのショートショートのオンリーワン(と思う)で、王様ですね。
学生の頃は、チョロチョロ読みました。

先日、星新一のショートショートをドラマ化したテレビ番組がありました。
スパイものから数編選びドラマ化した、2時間ぐらいの枠でした。

N氏...とかって、人の呼び方...懐かしかったです。

で、テレビで見ると、落ちは、途中から予想できちゃいすぎるんですよね。
読んでてもわかるけど、分かりつつ読むのと、見るのってチョット違う。
なるほどぉ~、ってはならんかったなぁ~。

星新一のショートショートって、読んでるときはおもしろくても、すぐに忘れてます。
そーいうもんですよね。

でも印象深く、今でも覚えているのが2編あります。

一つは、「せ」って題名だったかは分からないけど、ある事を「せ」という暗号で表現する未来の話。
「せ」は、禁止語で、あらゆるところに監視カメラ等があり、取り締る。
「せ」に関する書籍は葬られ、歴史からも抹消される。
強盗集団の計画の密談は聞き流しても「せ」の話だけは、即逮捕。


で、落ちは、この「せ」ってのは、戦争の略語だったのだ。
戦争というコンセプトを一掃することで、戦争を防げないか...というようなテーマでした。
戦争という選択肢を知らないということなのです。

でも、また、あらたに戦争と同じことを、生み出しちゃいそうですね~。


も一つは、ある日、人々の身の回りで、少し前の様子が再現される。
再現されるけど手に触れない。
街角で、冬なのに、夏の日差しが見える...ってな感じ。

手にわ触れない映像は、加速しつつ、歴史をさかのぼる。
日本では、明治時代になって、江戸時代になり、平安時代になって...原始時代になって...。
やがて、恐竜もでてくる。
世界中で同じことが起きている。
いったい何なんだろう???

さて、人は死ぬ前の「瞬間」に、生きてきた人生が走馬灯のように蘇ってくるという。

はたして地球にも同じことが起こっているのか・・・。

やがて、地球誕生の瞬間に...。

ってな話。


スパイもんはスパイもんでファンがいるのかもしれないけど、今度ドラマ化するときは、覚えてる話が出てきたら面白いなぁ~♬
で、次回はあるのかな??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。