FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

小惑星探査機「はやぶさ」がおうちにやって来るっ!
といっても、「はやぶさ」が飛んでくるわけでなく、その技術がやってきます。

宇宙では、なんでの限られたものなのでしょうが、電力も、なるべく節約せざるを得ません。
はやぶさには、電力を有効活用するためにJAXAが開発した技術が積まれていたそうな。
その技術を転用し、ダイキン工業のエアコンに乗って、一般家庭にやってくるのだ。

きっと、エアコン単体ってよりも、家庭内の家電等、電力を消費する機器全部を制御するって技術なんだろうけど、まずはエアコンなのだ。

宇宙ってロマンチック...的な...、いくらかけとんねんって思っちゃってましたが、そのための技術が実用化されると、なんかちょっと納得します。
か?

きっと、はやぶさの予算と、生まれた技術を実用化した時の利益...、って比較できるレベルじゃないよね~。

ま、一歩一歩、頑張ってねぇ!!
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

新しいメガネ
えっとぉ、今更ですが、メガネが新しくなりました。

オークリーってブランドは、イチローくんも使っている、スゲーメガネなのだ。
僕は自転車でウロウロするから、せめていいメガネをって思い、オークリーにしました。
夏の終わりにタクシーと接触し、メガネが傷ついたので、新しいのにしましたが、またオークリーに。

20140919 o-kuri-2tume

以前のは、左側。
本体はパープルで、レンズは度付きで調光で、外で日光がガンガン当たれば、すぐ真っ黒になります。
で屋内では、透明になります。

で、新しいのは、同じオークリーでも、本体フレームは黒。
度付きで、調光ですが、レンズの仕上げをちょっと光沢にしちゃいました...。

ま、サングラスはサングラスなのですが、前は、大きめの部屋での商談でもオークリーを使いましたが、新しいのは、ちょっと、サングラスすぎて、お行儀が悪いっぽい気がして...普通のメガネも持ち歩きだしました...。

オークリー新

ま、タクシー会社に買ってもらったので...、遊びすぎちゃいました。
そんなもんだね~♪

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

サイの角と漢方
サイの角はは、ベトナムとかで薬の原料になります。
それって漢方なのかな?

サイの角だけでなく、鹿の角とか、動物の身体の一部が原料の漢方っていろいろありそうですね。
ハリーポッターも、イモリのなんとかとかを、大きな鍋で煮込んでなかったっけ...。

ま、それはおいといて、昨年、南アフリカで密猟されたサイは、前年比21%増で1215頭にもなったそうな。
サイの角は、1キロあたり1千ドル程度で取引される場もあるそうです。

なんというか、角のためにサイを密猟して、角だけとって、ほかはそのままほっぱらかしなことかもしれませんね。

漢方と聞くと、ちょっと難しいけど、西洋医学の薬に比べて、なんか身体に優しそうなイメージです。

病気になったとき、漢方か西洋薬のどっちがいいって好みもあるのでしょうが、漢方のためだけに野生の動物を殺すのだとしたら、西洋薬を選びましょう...。

でも、もしかしたら、なんか希少っぽい動物が入っていると...、精力倍増!みたいな感じがします。
西洋薬もあるけど、ん~、それでも避けててください。
...ってか、人によったら、病気より深刻に思っている輩もいるかもしれませんね...。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ツタンカーメン
クフ王のピラミッド、スフィンクス、ツタンカーメンは、エジプトの3大宝物なはずです。
3大というと、ギザのピラミッドは?とかなんとか神殿はぁ?とかってことにもなりそうですが...、まいいのだ。

ツタンカーメンってのは、王様の名前で、きっとイメージが思い浮かぶのが、かの有名な黄金のマスクです。

風雨にさらされるピラミッドや、スピンクスや神殿は、少し崩れてきているようなこともあるようですが、きっと金で作ってて屋内に保管されている、ツタンカーメンの黄金マスクは、ほぼ永遠に輝きを放つもの...って思ってました。

思ってましたよ~。
今も...、ま、輝きはしているんですが...、えぇ~、アゴから伸びている「つけひげ」の部分がとれちゃったようです。
えっとぉ、一度壊れてて、強力ボンドで接着修理されていて、そのボンドもミエミエなかんじらしい。

こんなふうに書くと、むかーし、むかしに、そんな事があったって、X線とかでわかったんだね...って思うかもだけど、その修復跡も目だつし...、え~...、実は、昨年8月に壊れたそうです。

し・か・も、清掃作業中に破損し、その場で修理しちゃったそうな。

あまりにズサンですね。
どんなふうに、なんの清掃をしてたのだろう??
ボンドでくっつけるって、国民性??

僕はエジプト人でないし、じつは実物を見たこともないし...、俄かに思うだけだけど、残念です。

そして、その清掃員...、どうなっちゃったんだろう??
お笑いのコントじゃ、よく見るシチュエーションなんだけどね...。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

日本産のサンゴ
日本産のサンゴの輸出が増えているそうな。
その大半(約70%)が中国への輸出で、宝飾向けのサンゴ価格も上昇しています。
輸出量は、昨年比30%アップですが、10年前を比較すると、なんと約170倍になっているそうです!
170%でなく、170倍!!

日本のサンゴは、昨年、えらくたくさん中国に密猟されたけど、その数量は計上されていないはず。

サンゴ礁は、温暖化のおり、産地が北上していると聞きます。
北上するといっても、自ら移動できる訳でもなく、移動も、成長も時間がかかります。

観賞用に...、なにが魅力なのか理解しかねますが、まぁ、僕の見識がその程度なのでしょう。
食料として、動植物の命を頂く事は、日常で抵抗ありません。
抵抗がないというより、そうしないと生きられません。
でも、単に宝飾品として、命を扱うのは、おおな抵抗を感じます。

虎の毛皮をラグにして、角のついた鹿の剥製を壁に飾るために、殺す...ようなこと...と同じかもしれません。

って、いいつつ、サンゴじゃない何かの命を、宝飾品的に頂いている事も、意識せずに...あるかもしれませんね。
例えば、なんだろう?

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

キラーパルス
地震が、将来、いつ起こるか?って予測は、絶対に不可能です。
でも、過去の地震を、地層のズレとかに基づいて研究することで、地震の正体を、より説得力を持った仮説を立てることができます。
そうすることで、いつ来るかわからない地震に対しての対策を考えることができます。

阪神淡路大震災では、その多くの人が住宅での圧死でした。
夢のマイホーム...っていい方がありますが、そのマイホームの耐震が不十分だったのです。

建築基準法での耐震基準は、より強い耐震基準に進化してきました。

阪神淡路大震災後、「キラーパルス」って言葉が出てきました。
周期の長い揺れで、細かく小刻みに揺れるのでなく、ゆっくり、大きく動きます。
大きく動く...ので、建物への負担は大きいのです。
阪神淡路地震で1.5秒の周期でした。

さて、研究というかリサーチが進む中で、上町台地(大阪市内、大阪城とか、阿部野ハルカスとかある)の過去、大昔の地震では、3秒周期のパルスが見つかったそうです。
阪神淡路の倍です。
こっちから、あっちに揺れるその幅が、倍になるというイメージです。

当然、建物への負担は大きい...ですよね。
この揺れに対応するには、現行の耐震基準を超えた耐震力が必要です。


嘘のかたまりの未来予測に恐怖を感じるのは愚かです。
過去の事実を、現在の理解の仕方で恐れ、未来への対処を施しましょう。

ま、耐震はノウハウだけでなく、大きな予算も必要ですので、飲み水とかの備蓄とか、被災グッズとか避難経路とか...、イロイロ考えたり、出来ることって多いですもんね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

風力発電の功罪?
風力発電所ってのは、都市部に住んでいると、なかなか目にする場所にありません。
テレビとかで大きな風車が、連なっているのをみると、ちょっと雄大な気がします。
ま、その背景の山並みや海の景色が雄大さを感じさせるのでしょうが...。

風力発電は自然エネルギー源として好印象で広がっていってます。
好印象って...ぼくのね、なんとなく...。。

でも、その風力発電機の風車に当たって死んじゃう鳥も多いようです。
その中には絶滅危惧種もいれば、天然記念物もいます。
なんで、そんなとこに近づくんだろうね...、見えにくいのかな?

新しい事や、新しい物って、いい事だけではないなんて、当然かもしれません。

渡り鳥は、その飛行経路を変更して対処しているそうです。
みんなで風車に突っ込むようなことはないそうです。

風力発電機は、建設前に年間通した時の風の具合の調査はしていると思います。
生態系への影響も調査しているのかな?
していても、鳥の飛行ルートとかまでは確認してないかもしれませんね。

ま、風車にあたる鳥も鳥かもしれませんね。

想定外の影響への対処、ホントに対処が必要かも含めて、後のリサーチも忘れちゃダメですね。
顧客満足度...というか、周囲の環境満足度...向上目指しましょう。
自然との共生の第一歩ですね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

津波火災の予測
津波火災とは、津波の影響で起こる火災のこと...、そのままですね。
車が流されて衝突し火花がちり、流れ出たガソリンに引火したり、暖房器具から出火したり、コンビナートから流出した油に引火したりするような火災の事です。
消化が難しく、広域に延焼する可能性もあります。

東日本大震災の時は、被災6県で、159件の津波火災がありました。

将来の南海トラフ地震を想定しとき、関東、東海、関西、四国、山陽、九州の22県で、約270件の津波火災が発生という予測が出ました。

津波に関係ない部分での火災もあるでしょうから、ホント、恐ろしい、火の海です。
さらに富士山まで大噴火したら、どうしようもない...。

せめて、延焼を食い止める対策を施し、避難場所を確保することも考えないといけませんよね。

でも実際は、住宅や建造物の耐震化すら、全然進みません。
一気に、想定できる最大の地震がきたら、なすすべありません...、悲しいけど。
でも、最大の予測の揺れ未満で、絞られたエリアだけでの地震になる可能性もあります。

災害対策...、ちゃんと考えねば...って思います。

災害予測って、ついつい大きな予測のみを発表したり、報道したりですが、それじゃぁ頭の中は何の対策も無意味に感じます。
ま、耐震しなくても、大地震が来たら死ぬだけやもんね~、とか、自分の生きている間は起こらんやろう...とかって言う人は少なくありません。

でも、ちょっとした揺れで、あなたの家だけ潰れたり、タンスが倒れてあたなだけが死ぬかもしれない可能性もあるのです。

大きな予測よりも、そんな可能性こそ、耐震化を進めるキーワードかもしれません。

ん~、でも悪徳業者のやり口も、小さな可能性の脅かし...かもしれません...。
この事、いつも堂々巡りになっちゃいます...。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

平和の壁画
いつまでたっても戦争はなくなりません。
戦争は、人の命、自由を奪います。
最近のテロは、戦争とは違うとしても、人の命、自由を奪うという点では、同じです。


さて、ある日本人画家が、エジプトである家の壁面に2羽の鳩の絵を描いたそうな。
鳩たちは互いに花をくわえてて、「憎しみでなく花を」とメッセージが添えられている。
その画家は、世界10カ国で、同様の絵を描くことが当面の目標らしい。

幸い現地では、評判になっているそうで、よかったです。

一軒の家の壁に...、たとえ10カ国で書いたとしても、目に触れる人の数って限られてるし、テロリストの目には届かないでしょう。
少しでも広まり、少しでもテロリストの心に響けば、少し、ほんの少し何かが変わるかもしれません。

僕ら、一個人のできることってわずか過ぎますが、一歩、動くことって大切なことだと思います。
それって、平和だけでなく、環境のことかもしれんし、仕事のことでも、普段の日常生活の中にも、イッパイ同じようなことがあるのだとも思います。

小さくても、いい一歩を、そして、自分独自の一歩を、踏み出し続けたいですね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

宇宙基地のお片づけ
宇宙基地の中の整理整頓...って事でなく、使い終わった宇宙基地を、どう処分するかってこと。

国際宇宙ステーションは老朽化が進み、いずれ使えなくなる。
基本2020年までの利用で、米国は、さらに4年延長しようと提案中。
ま、破棄することなど、最初から分かっていたけど、最初は、とにかく宇宙ステーションを打ち上げ、安定させることで頭がイッパイだったんでしょうね。
そして、その後の事は、その時までに考えよう...ってね、きっと。

近年、問題になっている宇宙ゴミ(衛生とかで、使わなくなったものとか、その関連のものが、イッパイ地球の周りに漂っている)と一緒に、放置するわけにはいきません。

地球から離れていくような、遠くの方に推し進めて知らんぷりもダメですよね~。
きっと、火星人からクレームが来るのだ!?

で、NASA等は、地球に呼び戻すように推進させ、大気圏内で燃え尽きさせようと考えています。
近日、宇宙ステーションにドッキング中の無人給油機を大気圏で燃え尽きさせる実験を観察し、宇宙ステーションお片付け作戦の参考にします。

一番の心配は、燃え尽きなかった部分が、落下すること。
そりゃ、恐ろしい事ですね。

最後のお片付けが必要なことを分かりつ、目先の利益を優先させてしまう事は、原子力発電や原子力爆弾でも同じことが言えるかもしれません。

結果としてあとで慌てることもありますよね。
高度成長期の公害問題や、温暖化問題とか...。

長い時間...、世代をまたがり噴出する問題は、知ってか、知らずか...。
膨らむ国債も、次の世代への問題先送りなのでしょうね。

でも、大きな話だけでなく、個人々々の行動や言動にも当てはまることがありそうですね...。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

アイスランド、男女平等の国の教育
テレビで見たのですが、アイスランドは、世界で一番男女平等の国だそうです。

もともとはバイキングの国ともされていて、男女平等とはかけ離れていたようです。
そんなアイスランドは、リーマンショックの影響をうけ、財政が破綻しました。
その原因を追究、リサーチしたところ、驚く結果が出ました。
「主要3銀行のトップが全て男性だったから」...!!
えっ、ほんと!?
ってか、どこにリサーチを依頼したのかは知りませんが、原因の一因ということでしょうが、こんなリサーチ結果もあるのですね。

もし、3銀行の頭取が、女性であればリスクを考えて、いけいけドンドンと突き進んで失敗しなかったでしょう...って話...。
ちなみに...、男女の違いではありません。
リサーチ会社は、間違った分類をしていますが、アイスランドは、このレポートのおかげで、、女性の社会進出が、進んだのでしょう!
働き率98%、育児休暇は、男女ともに3ヶ月づつで、あと3ヶ月どちらかが休暇を取れて、給料の80%は国から支給される。


そんな国の幼児教育にはユニークなものがあって、ある幼稚園(全部なのか、取材を受けたものだけなのかわかりませんが)では、男の子と、女の子が別々のクラスにいる。
男の子のクラスでは、お友達に化粧をしてあげている...、「やさし~く」って言いながら。
一方、女の子とクラスでは、屋外で石垣の上を、大声を上げて走っている...。

これは、男女が、逆の真似をしているクラスだという。
この学校には理念があって「男女は敵ではない。あ互いを認め合って、助け合えるように」っていうもの。

ん~、なんか違和感ありますが、一日中、そんなことしているわけでもないでしょうが、それでも、そんな時間帯がある訳です。

そして、日本では、できなさそうな気がします。
だって、特別な事をすると、モンスターが騒ぎ始めそう...。

子供の頃、女の子と仲良しで、きっと女の子の気持ちがわかる男ってのは、ナヨナヨしてるっていうイメージでした。
逆に、男勝りの運動系の女の子には、好感は持ちましたが、行き過ぎだとがさつなイメージにもつながりかねません。

でも、今になると、女心ってのは、分かれるものなら分かりたい...ものですね。
ま、全部はワカランにしても、ちょっとくらいはねぇ~~~

さてさて、お互いを理解し、認め合う方法として、「真似をしてみる」ってこと、なかなか有効なおかもしれないと感じました。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

「男と女のワイン術」:新刊本のご紹介
飲み仲間「伊藤博之」氏の新刊本、「男と女のワイン術」をご献本、いただきました。

伊藤さんの本

おめでとうございます!
そして、ありがとうございます。

献本いただくなんて、初めての経験で、ビックリしつつも、厚かましくも素直に頂いちゃいました。

伊藤さんとは15年以上前、東京でワインを飲み交わし、そして、たまたまのタイミングで、一緒にカリフォルニアでも飲みましたね~!

彼は帰国後、銀座で「わいん工房たるたる」ってレストランをオープン、経営しています。
2000年オープンなので、もう15年!
名店です!

彼のお店のスタッフと共に、有名どころのワインティスティング大会で、優勝と3位を同時に受賞するような、力のあるレストランです。

そんな伊藤さんが、ご自分のフィールド、好きで研究してきた分野での出版、積み重ねてきた実績ですね。
すごいっ!
食のライター柴田さなえさんとの共著とのことで、読めばかわい子ちゃんに持てるようになるのだ! きっと...。


でぇ、実は、まだ、僕...、彼のお店に行ったことないような...。
ごめんなさーい。

元ワイン学校の先生のKちゃんと行こうね...って言いつつ、実現してないのは、僕の怠慢です。
冒頭に飲み仲間と書きましたが、すっかりご無沙汰で...、今度、更にバージョンアップしたテイスティング力を見せつけに行きまっせ~っ!

そうそう、スッゲー!ワイン持参(事前配送)で、飲みに行くので、ご期待下さい!
いつになるかわからんけど...、お暇な人はご参加を...。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

米の同性婚事情
日本では同性婚は認められていません。

フランスや、米国(オハイオ、ミシガン、ケンタッキー、テネシー州などを除く50州のうちの36州と首都ワシントン)などでは認めらています。
オバマも、同性婚容認しています。

自由の国...なのですね。

米国の最高裁は、2013年、結婚は男女のものと規定した法律を違憲と判断し、下級審では、2014年は同性婚を禁止する州法を無効と判断した。

もう、同性婚の流れは止められないのだ。

しかーし、同性婚の是非は、下級審程度が判断するような問題じゃない...、から最高裁で審理するそうだ。
で、なんと6月までには結論を出すそうです。

世論は、同性婚容認派が多数を占めるようになってきたらしい。
もちろん、保守層など反対派も根強い。

はたして、どうなる事でしょう...ね?
同性婚は、個人の自由かもしれないけど、人前でイチャイチャするのはやめてほしいものです。

日本の追随する事になるのかな??
ま、追随するのなら...、もっともっと、安全保障を目的にした追随、法整備を期待したいです...ね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

王貞治の履歴書
今月、日本経済新聞の「私の履歴書」は、王貞治です。

王さんに、どんなイメージを持ってるかというと、ぼくは、世界のホームラン王で、一本足打法で、ピンクレディーのサウスポー...。

小学校の頃、阪急ブレーブスファンの僕でも、王のホームランは、なんか気になってました、日本シリーズで打たれるのは嫌だったけど...。

そんな王さんの私の履歴書は、18日の今朝、756号の話でした。
30話の中の17話ですね。(元日はなかった)
きっと明日は引退の話かな??

って、ホームランのイメージの僕は、現役の話が、早く終わり過ぎのような気がしちゃいます。

でも、考えると、最近はすっかり博多の王さんは、福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長です。
現役引退後も、読売の監督、ソフトバンクの監督、ジャパンの監督、病気のことに、監督引退のことやご家族の話...、いやいや、まだまだ話題がありますね~。

いよいよ後半戦も楽しみで~す♪

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

iPSの人工肝臓はできるのか!?
血管の細胞とiPSを一緒に培養し、血管のような微小な構造の人工肝臓を作ったそうな。

今は、本物に比較すると10分の1程度の性能らしいですが、10年をめどに応用しようという事を目標らしいです。

なにやら難しい前提やプロセスは置いといて、具体的な臓器の再生が見えてきているのでしょうかね。

内蔵の他にも、歯茎や歯、目とかの人工的な機器での再生(入れ歯とかってこと)がメジャーになっているものも、自分の細胞から再生できたら、なんとなくイイような気がしますね。

あとは、現実的な費用で、現実的な場所で、利用できるまでの期間ですね。
研究者頑張れ!
そして、ぼくらも頑張ろっと!!

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

日本国内のワインの値段の事
ワインは、海外の有名どころの産地だと、きっちりとワインの法律があって、地域独特の作り方や、葡萄の品種の指定やら、表示に関してルールがあり、コントロールされています。

なので、特定産地の特定の品種、酒類のワインは、基本的に一定方向の味わいになります。
それでも、造り手の思い、技量、かけるコストなどで、大きな違いが生まれます。
だからこそ、ブラインドティスティングってことの意味が出てきます。

日本のワインと呼ばれるものは、その他の酒といっしょくたで、果実酒的な扱いになります。
蒲萄で作ったものもだけでなく、みかんが原料のお酒を「みかんワイン」とかって表示をします。
まぁ、別にいいけど...ねぇ。

だからって日本のワインにもすごいのがあって、世界のワインと比較しても引けを取らないものもあります。
日本でワイン造にガッツリ取り組んでいる人も少なくありません。
まぁ、この話はまた今度...。

そうそう、日本とワインを愛して日本でワインづくりをしているアメリカ人もいますね。


でぇ、ワインの値段はピンキリで、欧州では、水より安いワインもあれば、自動車よりも高いワインもあります。

日本に輸入すると、ワインには関税がかかります。
欧州ワインには、1リットルあたり125円、もしくは価格の15%の輸入税がかかりますから、ロマネ・コンティ100万円ってことなら、15万円ぐらいが税金なのかな??
15万円安くなっても、まだまだ買える値段じゃありませんが、ちょっとでも安いほうがいいよねぇ~。

欧州(EU)のワインへの関税は、今後5年程度で撤廃されるかもしれません。
現在、経済連携協定の交渉中です。

ちなみに、チリのワインへの関税は、2019年ぐらいまでに撤廃されます。
20年ほど前から、チリは腕をあげてきており、フランスやアメリカの資本も、チリに投資しているので、意識せざるを得ませんね。


関税が撤廃されれば、ロマネ・コンティほどでなくても、高級ワインに手が届きやすくなるかもね...。
ま、以前と同じ値段で、ちょっとだけグレードの高いワインが飲めるようになるって程度の事なのかもしれません。

いやいや、同じグレードのワインを、ちょっとだけお安く飲むだけになる方が現実的かなぁ??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

鯨の調査
南極海のミンク鯨などの頭数を調べるため、水産庁の調査船2隻が、8日に出発した。

「調査船」...、だから調査するだけ...、そう「調査捕鯨」じゃないのだ。

調査なので、目視と皮膚の標本を採取するのみ。

昨年3月の国際司法裁判所で、日本の南極海での調査捕鯨がNGになった。
日本は、気を使って、捕鯨道具(捕鯨砲)を船内から撤去し、他国の誤解受けないようにしたそうな。

ま、そこまでやらんでもいいのにね~。
毎度、素直すぎる国ですね。
グリンピースに襲われたら、どうするんだろうね??

今年は太平洋戦争終戦70周年。
鵜呑みの日本国憲法も排除しなきゃ...ですが、日本人として、そろそろしたたかな外交ができるようにならなきゃいけませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

和歌山、串本町の観光客対策
先日、和歌山では、トイレを整備して観光客を増やす手立てにしようという作戦を立てています、ってな話を書きました。

和歌山の観光資源ってのは、いろいろあるもんで、高野山開祖1200年ってのもあれば、トルコ軍監遭難から125年ってのもある。

1890年に、和歌山の串本町沖合でトルコの軍監が遭難した。
助からなかった乗組員も多いものの、生き残った乗組員を、当時の住民らが献身的に介抱し、最終は、トルコまで送り届けた事が、両国の友好の礎になっているようです。

で、今年は、両国の式典が計画され、合作映画の製作も進んでいるとのこと。

ってなことで、串本町の役場では、「こんにちは」、「ありがとう」とか5つの
言葉を話せる...、じゃなくて、言えるように練習したそうです。
お・も・て・な・し!?

ま、この程度のこと、おもてなしでもなんでもありません。
きっと、多くの仕掛け、おもてなしする用意があるんでしょうね、って期待してみます。

なんで、こんな事だけ新聞記事になっちゃうんでしょうね??

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

変わる宅急便
宅急便ができて、何年経つんだろう?
冷蔵ができて、冷凍もあるし、ゴルフバッグやスキーも遅れます。
最近では、午前に注文したら、夕方までに届くってなサービスもありますもんね。
どんどん便利になってきます。

業界では、集荷、仕分け、配達とかシステムが進化しています。
しかーし、どんなに進化しても、多くの場面で人の手が介在します。

宅急便事業では、特に長距離のトラックドライバーに負担がかかります。
負担というか、一番特殊かもしれません。

現状は、午後9時頃、各地のターミナルからトラックが一斉に出発します。
特に長距離の場合は、2泊3日の出張は普通だそうです。

これを、午後9時一斉でなく、日中15分~30分お気に出発するようにすれば、多くのドライバー昼間勤務となり、女性や若者のトラックドライバーが増えるかもしれません。

さて、昼間の長距離多頻度輸送は、3年後をめどにスタートするそうです。
宅急便を始めてから約40年ぶりの見直しだそうです。
40年ぶりって、宅急便が始まったのって、その頃じゃなかったのかな??
ま、いいや。

で、最近のドライバーは、なるべく泊まりの乗務はしたくないそうな。
子供の参観日とか運動会...とかを優先する人も増えるなど、価値観が変わってきているというか、それを認めないと、ブラック...とかって言われそうですね。

集配については、エリアの主婦やシニアの短時間の労働力を活用するそうです。
物流は、どんどん進化しているのに、人手の問題で、退化というか、便利さをそぎ落とす訳にはいきませんよね。


他急便の始まった40年前に比較し、日本人の価値観、生活、働き方は大きく変わり、今後も変わります。

特殊というか、過酷な労働現場のある会社では、ビジネスのあり方、システムを変えなきゃいけないんですね。
ブルーカラーの労働環境は優しくなりつつあるのかもしれませんが、ホワイトカラーの労働環境こそ、より短く効率的にならなきゃ...、しなきゃいけないですね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

安楽死は、安楽死でも
ちょっと前、アメリカで安楽死する人がいるって話題になりました。
安楽死なんてドクターキリコからしか聞いたことがありませんでしたから、とても珍しいケースで、目新しい感じもしたけど、ベルギーでは2002年から条件付きですが、安楽死が合法化されています。

さて、そのベルギーの刑務所に服役中の受刑者を安楽死させるそうです。
ちなみに、ベルギーでは、受刑者の安楽死は初めてだ、とのこと。

そいつは、50代男性で、殺人や強姦致死などの罪で収監中。(何年の刑期かは新聞記事にありません)
そいつは、暴力などの衝動を克服できず、これ以上の受刑生活は耐えられないとのことで、安楽死を希望していたそうな。

死刑でなく、安楽死...、というのも、EU(欧州連合)では、死刑が認められていないので、死刑はありません。
米国であれば、ま、死刑でしょうね。
ま、だかららって、希望の安楽死を認めるってのも...、ちょっと腹立たしいかもしれません、被害者サイドにしてみると。
安楽死っていうよりも、どうせ刑務所でも暴れて、手のかかる(費用のかかる)受刑者やし、体のいい死刑ってことかな?


さて、延命措置を拒否し、人生を閉じるのは理解できるかもしれませんし、ありかもしれませんが、まだに生きていける状態で死を選ぶ...ってのは、いくら希望が少ないかもしれないですが、どうも理解できないというか、あってはならないと思います。

最後の瞬間まで、希望を見出す...、楽しめる力を持ちましょう。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

日本の出生数
2014年、日本で生まれた赤ちゃんは、速報値ですが、100万1千人でした。
1899年以降、最小を4年連続で更新しました。

死亡数は、戦後最多で126万9千人と、大きく出生数を超えています。
って事で、日本の人口は自然と減っていきますね。

ちなみに、今年、未年生まれの人は、全部で1007万人います。
十二支の中では、4番目に少ないそうです。
で、未年ので一番多いのは1967年生まれの世代で188万人。

48歳の人は、188万人で、0歳の人は100万人。
比較するまでもなく・・・、えらく少ないですね。

100万1千人って数字も、あくまで速報値ですが、9月に確定数が出ます。
下手したら100万人を下回る数字かもしれません...。

まぁ、なんてか、出生数が少ないだとか、人口ピラミッドがどうだとかって、今更ですね~。

どんどん子供産んで、幸せになれるんだろうなぁ~って経済環境作らなきゃですな。
まず、経済的な不安がなくなって、仕事に拘束される時間が減って、自由な時間が増えると、おのずと子供も増えるんだろうなぁ~。
でも、経済的な不安があるはずの開発途上国では、子供がバンバン増えているように報道されています。
時間だけは多いから...!?

まぁ、頑張ろうな!

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

追っ払い監視カメラ
鉄道の駅のホームでは、電車との接触事故や、転落事故は、この10年で倍増しているそうな。
そのうち6割が酔っ払いだそうです。
...ってことは、4割がシラフ??
      まぁ~いいや、そこは。

で、JR西日本では、酔っぱらいを監視するために遠隔セキュリティーカメラと転落検知カメラを導入する。
蛇行歩行する酔っぱらいも検知するし、ホームで長時間座り込んだりする人も検知する。

で、まずは、環状線の2駅で採用するそうです。
乗降客の多い、大阪とか、天王寺とかって思ったけど、まず、京橋。
京橋は、乗降客も多いし...、まぁ納得できるかなぁ~。

で、もう一駅は、西九条駅...だそうです。

ま、西九条って聞いても、京橋とは、なんとなく共通項もわかるような気がするし...。
ねぇ、でも、なんとなくねぇ~...。

おぉ~、我がホームグランド京橋よ~♪♪

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

和歌山おもてなしトイレ大作戦
和歌山は、観光地とかの公共トイレを美化、使いやすくする回収に取り組んでいるそうな。
公のものだけでなく、鉄道会社とか民間に対しても、キレイ化の資金を支援するそうです。

昨年スタートし、2年間で、626ヵ所、14億円以上の投資をする。
和式しかないトレイは洋式もつくるし、温水便座や、自動洗浄機も導入する。

当初は、1億5千300万円の予算でしたが、補正予算、自年度予算、補正予算、次々追加して約14億円になっちゃった。

当初の計画発表時、各自治体からの応募が殺到したそうです。
どこの自治体も、バッチイトイレがダメダメなのは分かっているけど、手をつけられないような状態だったようです。

市町村や交通機関には整備費用の半額を補助し、中小の宿泊施設や飲食店には再優遇金利で融資をするそうです。

でぇ、資金提供の条件は、維持管理の徹底だそうです。
条件ってか、常識ですね。
直接的に資金回収できる投資でないので、あまりに田舎では勇気がいるかもしれませんね。

たしかに観光地やらで、トイレがばっちいとがっかりするし、やな気分にもなるもんね。
最低限の受け入れのハードは整いつつあるのかもしれません。
が、トイレがキレイだったから、また、あの観光地に行こう♪っては、ならないかも...。
でも、トイレばばっちいと、リピート欲は刺激されないかもしれません。

さて、次は、行きたくなるような観光地のプロモーションですかね??
和歌山の中心地というか繁華街も、どんどん寂れていきますね。
トイレを整備しても、地元の人しか使わない...なんて事のないように、イッパイお客さん、呼んでね~!!

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

電気自動車の台頭で変わる風景
欧州でのモータースポーツの扱いは、日本とは比較できない程大きく、メジャースポーツです。
なかでも英国は、フォーミュラF、いわゆるF1、の発祥の国です。

その英国で、昨年9月、フォーミュラ「E」ってのが、英国のサーキットで開幕したそうな。
F1でなく、E1ですね~。

これは、電気自動車のレースです。
動力がガソリンから、電気に変わっただけなんだけど、様子は大きく変わりました。

まず、排気ガスが出ません。
ガソリンの匂いがしあ非日常な雰囲気も変わりますね。

そして、あの爆音がなくなりました!!

「ぶぉ~ん」って大爆音が、...「キーーン」って小さな電子音が聞こえるだけだそうです。

音がないと、どうなんだろう? 臨場感がないかもね??
モノマネもできなくなるし...。
爆音の中、何か食べたり、爆音が去った時に大声で喋ったり...楽しかったけどね。

で、爆音がないと、ピットインする時、整備士も気づかないようです。
ちょっとってか、大分と危ないね。

F1では、ピットインして、タイヤ交換、ガソリン補給とかします。
E1でも、同じようにタイヤ交換の必要はあるけど、ゆっくり充電...するわけにもいかず...、、なんとマシンごと交換するそうです。
つまり、乗り換えるってこと。

もうちょっと充電、充電池技術が進めば、もう一段変わりますね。

今までは、運転技術もあっただろうけど、エンジン技術の訴求で自動車メーカーが参戦してたんだろうけど、これからはモーターのメーカーが参戦するのかな?

どんどん変化していきますね~!!
車の形も変わっていくのかなぁ~??
未来が楽しみです。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

昼寝がいいってホント??
昼食後にチョロっとお昼寝すると、午後から集中力がアップして、仕事にもいい影響がある...的な事って、よく言われていますね。

なんとなく眠くなるもんね~。

でも、その眠さが、えらく強い場合...、病気なんだって...。
病気というのは、無呼吸症候群や、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害...、とかって聞いたこともないようなようなものもあります。

病気の影響で、夜中の睡眠が足りておらず、日中に大きな睡魔が襲って来る。
でも、なかなか病気の自覚ってないようです。

適切な睡眠時間って、人それぞれで、一概に言えません。

いい睡眠のポイントは、夕食前に適度な運動をして体温を上げておくと、就寝に向けて体温が下がる、とか、脳を興奮させないように、就寝前にPC作業や、ゲームをせずに、リラックスしましょう。
ゆったりな音楽聴いたり...、本を読んだり...。
ん??本を読むのはいいのか?PCはダメなのにね...。
ま、いいや。

睡眠不足が続くと、どうなるかって実験があります。
短めの5時間睡眠を続けて、7日目、作業ミスが、なんと7倍程度に増えたそうです。

お正月休み...、つい不規則な生活になっちゃいました。
日常の生活リズムに戻りながら、睡眠時間と、日中の体調、仕事の質との関係も意識してみましょう!

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

電力、ガス事情
関西電力と東京ガスが提携交渉をはじめたそうな。
燃料調達や、火力発電所の建設、電力の相互融通が提携の主な目的とされています。

2016-17年にも全面実施される電力と小売の自由化を前に、そして、もう既に、提携が決まっている東京電力と中部電力への対策でもあります。
他でも北海道電力と東北電力だとか大阪ガスと西部ガスだとか、いろいろな提携があります。
その関西電力も、九州電力と石炭の調達で提携しています。

全国のエネルギー供給企業が、しのぎを削って競争しているってことですね。
そのことで、より安定的に、より安価に電気やガスが利用できるようになればいいですね。
より便利に、シンプルに...。

競争の結果なのでしょうが、同じようなサービスに、価格が複数できたり、オプションがややこしかったり、電話みたいにならないで欲しいものです。

ただいくら企業だといっても、国民の生活にダイレクトに影響するインフラ提供企業なので、競合する関係より、役に立つように共生すればいいのに...とも思います。

そして、同業種企業からだけ提携先を探すだけでなく、広い視野を持ったほうがいいかもしれませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

悪い奴は、死刑なのだ!
死刑が確定しているのに執行されていない死刑囚は、昨年末時点で128人いる。
(冤罪の袴田さんは含まない)
2007年、死刑未執行の囚人が100人を超えて以来、ずっと100人を超えている。

法相の交代が相次いだものの、より多くの死刑囚が病死した...ので、2年連続減ってはいるそうです。
で、昨年は、死刑執行が7人で、5人が病死。

死刑囚が病死...って、ねぇ~。

法相として、死刑執行にハンコ押すのって、気分がいいことじゃないだろうけど、死刑執行は義務というか職務だもんね。
犯罪者の人権は、死刑判決の時点で、ないも同然...、ってか、被害者と、その家族、親戚、友人、知人の人権、被害、慰めはどうなんだろう??

冤罪...ってのは、恐ろしい話ですが、死刑囚を活かしておくのも税金がかかるものです。
まずは、松本智津夫死刑囚から殺しましょう。
いやいや、職務を遂行してください。
残りの不穏分子の裁判なんて待つ必要ないよね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

二木あい氏とマッコウクジラと人間 ②
フリーダイバーの二木あいさん、カリブ海へ、マッコウクジラに会いに行く、ってなテレビ番組を見ました。

カリブ海に、マッコウクジラの神様みたいな人がいて、案内してくれます。

野生のマッコウクジラ、普段は1000m以上の深海に住んでいます。
たまぁーに15分ぐらい海面にでてきて、呼吸します。
その貴重なタイミングで、まっコククジラと会い、なんとなくコミュニケーションして、一緒に泳いだりします。

マッコウクジラの神様は、お友達のクジラもいて、コミュニケーションを楽しんでいるみたい。

マッコウクジラは野生なので、それなりに警戒心もあるし、アプローチするのには、お作法があるのだ。
二木さん、マッコウクジラは初めてでしたが、さすがに海の中はお手のもの。
勘は凄くイイみたい。
マッコウクジラと会い、近づいていく事も、すぐにできるようになりました。

でも、ある時は威嚇してくるマッコウクジラもいます。

マッコウクジラも動物ですから、それぞれによって、性質も全然違います。
マッコウクジラは大きいけど、天敵もいます。
天敵のなんとかクジラ、マッコウクジラが空気を吸いに海面に来た時、赤ちゃんクジラを襲って食べちゃいます。
ママ、パパのマッコウクジラも分かってて、狙われていそうな時は、コミュニケーションするためのレーザー音を出さずに、姿を見せなくなります。

二木さんの訪問している時にも、そんなことがあり、後半は、マッコウクジラと全然会えなくなりました。

不思議なんですが、最終日の最後の最後、帰途の向かっているとき、マッコウクジラが出てきました。
急ぎ潜ってみると、例の威嚇してきたマッコウクジラでした。
今度は、一緒に泳げて、一緒に回転して、コミュニケーションできました!やった♪

もう帰っちゃうんだよ~、って二木さんの心のバイブレーションを察知していやってきたような感じすらします!
まるで、台本があるみたいなストーリー...、劇的でした。

ん~、人も自身を研ぎ澄ませれば、野生の頃のヒト、その感性がよみがえる事があるのでしょうね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

二木あい氏とマッコウクジラと人間 ①
お正月、テレビのチャンネルをぼやっと変えてて、海の中の映像が出たので、なんとなく見てました。

海の中にいるのは二木あいさんって女の子と、アザラシ。
二木さんがくるっと回転すれば、アザラシも回る。
アザラシが、スピンすると、二木さんもスピンする。
コミュニケーション出来てるんだよね、一緒に遊んでるようで楽しそう。

二木さんは、フリーダイバーで、空気ボンベを背負っていない。
鍛えられて、ボンベなしでも、なんと約6分間、海中にいることができるようになったそうな。
潜水の世界記録(90m、深さじゃなくて、水中移動フィンとかなしで...)も持っています。

さて、ボンベを背負わないので、空気を吸う音や、はいた時のボコボコ空気の泡...、海中の生物には不自然なものが、ありません。

呼吸を止めた状態...、同じ条件、同じ哺乳類同士で、なんか共感を感じ合うんだろうね、アザラシくんと。

相手が哺乳類でなくとも、ボンベを背負ったカメラマンが撮影してくる生き物たちとは違う表情を見せるようです。

ふぅ~ん、フリーダイバーって、何か面白い。
深く、そして、長い時間海中にとどまれないけど、より自然と共生している感がありますね。

で、番組のテーマはまっこうくじらとの出会い...です。
ま、その話は、また明日。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

天王寺動物園の思い出
小さい頃、両親にどこに連れて行ってもらった記憶は断片的です。
みさき公園では、ジェットコースターに初めて乗った事とその時、海に向かって落ちていくイメージは今でも覚えています。
が、天王寺動物園は、車の中...、なかなか着かないなぁ~、早く動物園に入りたいなぁ~って感じで、車の後部シートを思い出します...。
なんか、ごめんなさい...。
あと、なんか臭かった事...。

でも、天王寺公園には、大学の頃、レポートの課題で、オラウータンを観察にしいったのだ...。
で、その場で初めて「オランウータン」って、「ン」が足りなかったことが発覚したなぁ~。
そうそう、大人になっても、デートしたものです...。

えー、さて、その天王寺動物園...、なんと100周年だそうです。
昔の動物園も、今は大いに姿を変えています。
あの敷地の中に、複数の動物が住むサファリがあったり、スゴイのだ!

ま、スゴイはスゴイでいいんだけど、観客動員だけでなく、動物園には動物園の悩みがあります。

一昔前は、金さえ出せば野生動物を入手できたそうですが、最近はワシントン条約に縛られ、入手できません。

動物園は、集客のための展示方法に工夫をする事がブームですが、動物数を維持するための努力も大変です。

動物園内で交配できればやりやすいかもしれませんが、血縁が近すぎちゃうかもなので、他の動物園に出張交配したりしています。
ただ、動物園同士の需要の一致も然ることながら、やはり、信頼関係が大切みたいです。
ドライなものじゃ、ないのですね。
動物園によっては、海外の動物園とも交流、提携しています。

ま、またデートの時に行くかもしれないし...長く維持、営業して欲しいなぁ~…、っても思うけど...、動物にとってはどうなんだろうね???

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記