FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

安楽死は、安楽死でも
ちょっと前、アメリカで安楽死する人がいるって話題になりました。
安楽死なんてドクターキリコからしか聞いたことがありませんでしたから、とても珍しいケースで、目新しい感じもしたけど、ベルギーでは2002年から条件付きですが、安楽死が合法化されています。

さて、そのベルギーの刑務所に服役中の受刑者を安楽死させるそうです。
ちなみに、ベルギーでは、受刑者の安楽死は初めてだ、とのこと。

そいつは、50代男性で、殺人や強姦致死などの罪で収監中。(何年の刑期かは新聞記事にありません)
そいつは、暴力などの衝動を克服できず、これ以上の受刑生活は耐えられないとのことで、安楽死を希望していたそうな。

死刑でなく、安楽死...、というのも、EU(欧州連合)では、死刑が認められていないので、死刑はありません。
米国であれば、ま、死刑でしょうね。
ま、だかららって、希望の安楽死を認めるってのも...、ちょっと腹立たしいかもしれません、被害者サイドにしてみると。
安楽死っていうよりも、どうせ刑務所でも暴れて、手のかかる(費用のかかる)受刑者やし、体のいい死刑ってことかな?


さて、延命措置を拒否し、人生を閉じるのは理解できるかもしれませんし、ありかもしれませんが、まだに生きていける状態で死を選ぶ...ってのは、いくら希望が少ないかもしれないですが、どうも理解できないというか、あってはならないと思います。

最後の瞬間まで、希望を見出す...、楽しめる力を持ちましょう。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記