FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

中国にボルドーなし!
ま、ある訳ない。
緯度がフランスのワイン産地ボルドーと近い...、ってなことで中国遼寧省のカラチンってとこで、ワイン用のブドウの生産をはじめようとしたらしい。
それが2007年の事で、4000ヘクタールのトウモロコシ畑を、ブドウ畑に転換したそうな。

もちろんボルドーも視察したし、カラチンのブドウはワインに適してるってニセの実験結果も用意した。
さらに、ワインの会社も進出し、醸造施設も整えたらしい...。

でもでも...、ブドウは一向に実らない...。


どうやら、緯度は近くても...、冬は氷点下30度にもなる寒冷すぎる気候は、ブドウには厳しすぎるようでした。
そりゃそうだ。
ブドウは、本来生命力の強い植物ですが、いくらなんでもねぇ~。

ブドウの生育には、緯度でなく、気候と土壌って自然の恵みが必至です。
たしかに、よく似た気候は、同じ緯度で見られがちです。
ワイン産地の緯度は一定幅ですし、南半球にも当てはまります。
南半球といえば、20年ほど前から、南アフリカのワインとかって、相当注目されていましたし、その前はチリも。
ようやくチリワインのグレードが上がってきましたが、時間がかかりますね。

でぇ、中国は、カラチンエリアでのブドウ栽培は無理だという結果を受け入れたの、なんと2015年。
あんなに広いんだから、探せば、ぶどうぐらいが実る場所ありそうなのにね。

でも、下手にブドウが実って、クソまずい怪しいものを売り出して、中国ボルドーなんてのが出回るってことになったら、嫌だなぁ~。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記