FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

女性に優しい職場
資生堂には約2万人の女性従業員がいるそうな。
多くは、現場の美容部員ですね、きっと。
売り場で、お化粧とかしてくれる販売する人です、僕はしてもらったことないけど...。

資生堂は、20年以上も前から、育児休業や、短時間勤務制度など、女性に優しい制度の充実に取り組んできたことでも知られています。
しかーし、2014年春から、育児中の美容部員も土日、夜間の遅番も、ほかの人達と同様に割り振られることになったそうです。

ある意味、女性に優しい職場を返上しようにも聞こえます。...、20年以上前に逆戻りしたような感覚。

資生堂の女性支援の制度は、子育て中の女性に優しいのですが、制度の枠の外の人たちへの負担が大きく、現場が回らなくなてきた...そうなのです。
制度を活用し、早目に上がる人たちが、ほかの人たちへの配慮とか、気遣う声かけとかしなくなり、現場雰囲気も悪くなってきたそうです。
ま、当然の権利を利用している意識の中で、気遣いがないのも当然かもしれませんね。

企業も、女性を重視した制度を作るべく進めてきたものの、会社として回っていかないのなら仕方ないですね、もし、この方策で運営していけうのなら

理想に近づけようとする企業努力は尊いと思います。
日本の常識の中、受け入れられがたいことも実施して来たのでしょう。

経営と、現場の意識がずれるのは、大きな組織の場合、仕方ないですね。
仕方ないけど...、日本の働き方の常識を変えていける可能性の高い企業でもあるので、皆の意識も、経営と対立するだけんでなく、取り組んでいければいいのにね…。

スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記