FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

ヒマラヤの野生の新種生物
ヒマラヤ山脈のあたりで、この5年のうちに新種の生物が211種類見つかったそうです。
水から出ても4日間生存する「歩く魚」って言われている生命力の強そうなものから、鼻の穴が上向きなので、雨が降ると頭を膝の間に隠して座る猿のような、なんか野性味のないものまでイロイロです。
水色の目をしたカエルってのは、なんとなく、なんかの雑誌とかで見たことがありそうな気もしちゃいます。

でも、この5年で見つかったものだけです。

一方で絶滅していく生物もありますね。
新に見つかる生物もある...。
ま、見つかったってのは、新たに発生したというより、人が、ようやく見つけた...って話なので、決してバランスが少し戻る...ってな話ではありません。

むしろ、新たに見つかったけど、すぐ絶命させちゃうかもしれません...。

見つかったエリアは、ヒマラヤ山脈は山脈でも、その東部を中心とするエリアで、ネパール、インド、ミャンマーにまたがり、経済発展しているエリアだそうです。
開発や気候の変動などの影響で、昔のままの生息環境は4分の1程度しかないそうです。

今更見つけ、話題にしつつも、生息地域は、ほぼなくありつつあるのなら、どうにか手を打てるようなものです...が、難しいのでしょうね。
珍しい動植物をテレビで見ると、不思議で、楽しく思っていますが、ホントは、撮影したり、研究対象にしないほうが、長く生息できるのでしょうね。
ってか、そんなことより、自然を破壊しまくるような開発は、なくなればいいのになぁ~。

ヒトにも見つからず、知らないところで、絶命してる生物も少なくはないでしょうね。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記