FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

安楽死と、自分の事
フランスの医師が、仏国内で、2010年3月~翌年7月までに、7人の患者に薬物を投与し、安楽死させた。

訴えられて、「殺そうとしたのではなく、苦痛を和らげるためだった」と反論したものの、うち一人に対する安楽死が有罪となった。
執行猶予の禁固2年。

その元医師は、4年間も裁判が続き「生きるのに疲れた」と遺書を書き、自殺を図った。
そう、図った…、ってことは、車の中でぐったりしているところを発見され病院に搬送された。
回復するかはわからないそうですが、目を開けて呼びかけに反応するそうです。

他人を安楽死させることはできても、自分を安楽死させられなかったのですね。
彼は死にたかったのでしょうが、どこかで手加減したのかな??

他人の落ち度、失敗は、わりとよく見えます。
ズケズケ言うもありですが、自分の事は棚に上げて…ってな事もあります。

それでも、自分はできない事だったとしても、ちゃんと言ってあげないといけない事もありますよね!
表現は難しいんだろうけど。

そして、キッチリ指摘してもらわないと、気づかない、分からない事もありますよね。
人は、ホントの事言われると怒っちゃがちですもんね...。

人間関係は難しいのですが、やっぱり、そんな友人は、絶対必要です。
友の素地を作ってくれた両親、そして、友らに感謝します。


そうそう、そのフランス医師、執行猶予だけど、自分を安楽死させようとしたことで、回復したら、禁固2年って事なのかな??
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記