FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

野球の危険プレー
米大リーグ、10月のゲーム。
ランナー一塁で、セカンドロゴ、遊撃手がゲッツー体制に入り、一塁に送球しようとしたところへランナーがスライディング。
遊撃手は骨折し、担架で病院へ。

https://www.youtube.com/watch?v=u5sOJk2Wfxs

守備妨害かも...って感じだけど、攻め手からの抗議があり、遊撃手は二塁ベースに触れてないとして、ランナーはセーフ。
って、ことは、これは正当な、許さるプレーなのです。

野球界では、特に大リーグでは、ゲッツーの時のスライディングや、本塁での激突は、容認されてきました。
新聞には、人気を争っているアメフトは、激突を売り物にしているので、それに対抗していると書いてましたが…、これは見当違い、だよね~。
野球的にも、アメフト的にも...。

そんな、米大リーグでは、昨年のシーズンから、本塁上の激突は禁止されることになりました。
選手は、球界の財産だという意識が強くなってきたそうです。
チームが増えて、選手に怪我されると、野球の質が下がる一方だし。

日本でも、時々ラフプレーがあります。
今年のシーズン、唯一見に行ったオリックスのゲームで、本塁上の激突で、キャッチャーは、そのプレーで交代しました。
ランナーは、外国人助っ人でした。

日本では、本塁上の激突の禁止は来季からだそうです。
米大リーグのルール改正の一年後に明文化されるような手続きをするそうです。

なんか意味の分からんことです。

周知しつつ変えなくてはいけない事もあるかもしれませんが、即刻変更すべきは、変更しなくちゃね。


どこぞの国の憲法みたいに、変えません...ってほどのアホさに比較すると、たいしたことありませんが、融通の利かないという以前に、やっぱりアホなんでしょうね...。

ルールは自分たちで作る、ルールはその時々の状況に応じて変更する…って事は、ルールを守る前に、よく考えなくてはなりません。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記