FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

春一番と災害 (明暦の大火)
春一番と言えば、キャンディーズですが、先日、大阪の春一番は4年ぶりだったそうです。
この季節、風が強くなるのは、今も昔も変わりなく...って、地球の営みですから...。

さて、時は1657年、江戸時代です。
2か月ぐらい雨もなく、江戸の町は、乾燥しきっていたそうな。
3月上旬のある日の昼過ぎ、本郷のお寺で出火したそうです。
春一番だったのかはわかりませんが、強風だったそうです。
すぐに湯島、神田方面に火は広がりました。
翌未明、一旦火は収まったように見えたものの、昼前に、小石川あたりから燃え上がったそうです。
この火が、風に乗って飛び火、江戸城にまで及び、天守閣が炎上。
江戸城の天守閣は、現在も未だ再建されていません。
で、その翌日の午前、ようやく消し止められたそうです。

死者数万ともされて「明暦の大火」と言われているそうです。

明暦の大火の後、江戸の町は再開発され、延焼防止策の一環で大名屋敷には庭園をもうけさせ、町中には広小路をつくり、消防隊を増強し、火事へ備えたそうです。
防災ですね。

火事と喧嘩は江戸の華...なんて言ってられません。

江戸時代は、火事を消し止める為に、火事の近隣の家を壊すのが、火消しの仕事だったそうです。
燃え上がってからは、少々水をかけたところで、消えてはくれないのでしょうね。

ならばこそ、火事も、初期段階で、ちゃんと鎮火できれば、拡張した怖さは封じ込められます。

その手立ての一つがスプリンクラーです。
特に、不特定多数が集ったり、宿泊が伴ったり、避難しにくい建物にはついています。

もしもの時に、スプリンクラーが動かず、燃え広がらない為に...、スプリンクラーの動力になる「非常用発電機」がキッチリ稼働するように、点検、そして、「負荷運転試験」をしなくてはなりません。

法令で、しなくてはいけない「負荷運転試験」ですが、実施されていないケースが、ほとんどです。
できなかった課題は、技術的にも、予算的にも、実施人員的にも解決されてきています。

非常用発電機の負荷運転試験は、法令で定められた消防点検の一部です。
利用者や従業員の為、コンプライアンス維持のため、まずは実施状況のご確認からスタートしましょう。
確認方法から、現地調査、負荷運転試験のことまで、いつでも、お問い合わせください。

一般社団法人 日本非常用発電機協会
代表理事 山口 紀一
090-2191-1259
yamaguchi@jeg.or.jp
http://jeg.or.jp/
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記