FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

龍馬伝  完
昨日、大河ドラマ「龍馬伝」が最終回を迎えました。
全話、逃さずに観ました。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」は、この一年で2回通読したし、「最後の将軍」も読みました。
まさに、龍馬な一年でもありました。

司馬さんの竜馬像と、今回の龍馬伝で描かれた龍馬には違いがありますが、日本の為という観点、万民の為という観点はぶれていません。

暗殺の直前、龍馬伝では、岩崎弥太郎との対話で、龍馬は「自分のできる事をした」と。
そして、「人にはそれぞれ役割があり、それをするのだ」というような事を言います。

近江屋で切られた後、中岡慎太郎に「おれは、自分の命を精一杯生きたか?」というような質問をします。


龍馬の生き方、なし得た事って、一言では言い表しにくい人です。

でも、当時のガッチリとした枠にはまった常識を飛び越えた発想で、日本を近代国家に導いた人でもあるのです。
司馬さんの竜馬がゆくでは、初めて日本人だったのかもしれないと言及されています。(それまでは、○○藩の人って感じで、日本人という意識ではなかったようです)


今、日本が国際社会の中で浸食され、まさに沈没しつつあるこの時期に放映された事は偶然なのか、神風になり得るのか。
龍馬ってすごかった、と過去の偉人の話だという事でなく、今の日本人全体が日本人として、国際社会の中で国際的な常識の元、キッチリと国づくりを成し遂げられるよう、変わっていってほしいものです。

龍馬の生きた時代は、鎖国から開国し、世界の植民地時代の中、独立を勝ち得ていく第一歩の時代です。
それは、わずか150年前の話です。
今の日本は、龍馬だけでなく多くの志士たちの命があったからこそです。
過去の「日本人」、そしてそれぞれのご先祖様に恥じぬよう、生きたいですね。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記