FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

地震予測と備え3
耐震事を軽くかくつもりが3日目になってしまった...。

学生時代はアメリカンフットボーをしていました。
電柱にあたっても痛くないようなヘルメットをかぶり、イロイロなプロテクターをつけガッツリ当たるのですが、すごい衝撃なはず。
僕は一つのヘルメットを4年間使いましたが、2つ目に買い替える人もいました。
何回あたったのだろう??

今は、スポーツバイク(自転車)に乗っています。
最近始める人も多く、キッチリとヘルメットをかぶっている人も多く見かけます。
僕は、不良ライダーなのか、ヘルメットはかぶりません、まだね。
で、自転車用のヘルメットは、一度衝撃を受けたら、もうダメです、買い替えましょうというようなもの。
その衝撃のレベルは、間違って落としちゃってもダメです...、という厳しいものです。

なんか、学生の頃のヘルメットの酷使は、どうなのかとも思っちゃいますね。


さて、住宅はどうでしょう?
一度大きな自信にさらされると、特に木造住宅をがっちり支えている建築金物をとめているネジ、ビス類は確実に緩みます。
材木は、年を経過するごとに痩せるなど、形状が微妙に変わることもあるのですから、ダブルで心配です。

耐震化は大切です。
そして、その耐震の維持も、また大変なのです。

昔の日本は、オーバーな表現ですが、木と紙でできた家に住んでいたのも、復興が早いからかな?
持ち物も、そんなに多くはなかったでしょうし。

先週末の台風でも、大きな被害が出ました。

日本は、日本に風土に適合する衣食住を保ちつつ生き抜いてきたのかもしれないと、思います。

急激に生活様式の変わる中でも、命の尊さは変わりません。
むしろ、より尊いという事を認識しているかもしれません。

今は、3.11の復興にばかり気を取られますが、それぞれで地震への備えを考える、アクションを起こす事も忘れずにいましょう。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記