FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

偽善エコロジー 武田邦彦著
偽善エコロジー

最近のエコロジーな取組みに疑問を投げかける一冊です。
疑問というか、著者の研究いよると間違っていると...

我々日本人だけが、あらゆる手立てを講じても、地球温暖化はストップできない。
やがて原油など燃料もなくなり、温暖化がおさまってくるまで待つしかないとのスタンスです。

例えば、普段、マスコミに踊らされて(僕もそうだけど)、レジ袋をやめてエコバッグにしようというのは、効果が無いだけでなく、温暖化をすすめる事になるとの事。

この例は、レジ袋は石化製品だが、オイルの使い道の無い部分を原料にしている。レジ袋を作らなくなっても、原油の消費量には影響は無い。
むしろ、一部エコバッグの原料となる原油部分が増えるので、原油消費は進む。
同時に、レジ袋を家庭でゴミ袋として使ってる場合、その代替のポリ袋を余計に消費する。
原料的に無駄な事と、小売業者の利益拡大にしかならなず、消費者は、知らずに損をしているのだ。
だって、小売業者は、無償のレジ袋への支出が減って、エコバッグやゴミ袋の売上が増える。

こんな感じでの事例がたくさんあります。


環境破壊の実際は、なかなか真実が見えない。
ホントの事は、分からないのかもしれません。

環境の為と声高に叫び、ヤミクモにエコな取組と信じて実践する事には疑問です。
そして、環境破壊の大きな部分(日本以外の部分)の進行を阻止、ゆるめる為に、日本の技術の向上と、海外への情報発信、説得がが大切だとおもう。

極端に、我々の生活水準を下げるような事(例えば水洗便所を止める等)は現実的でない。
人として幸せに生きていれば、つまり心が満足していれば、極端な消費が必要なだけでなく、必要最低限で暮らしていけるのではないか。

キレイに、大切に、周りのものを取り扱う事は、立派なエコだと思います。


本の内容は、少しづつ紹介します。
スポンサーサイト



テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記