FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

Mr. & Mrs. ジーザスっ!?
今日は、不謹慎な話しかもしれません...。


僕の通った中学、高校は、プロテスタントなキリスト教の学校でした。
毎週聖書の授業があり、礼拝は週2,3回、聖書も持ってたし、今でも、そらで歌える讃美歌もあるのだっ!

聖書なんて読んでても、神様の話しやなぁ~って思ってました。

ある時、本屋に偉人伝の本を見てたら、エジソンやリンカーンにまじり、「キリスト」なる巻を発見。
どうやら実在する人だったのか...、と認識したも中学の時。

聖人としての話しばかりが聖書にはありますが、先週のニューヨークタイムに、キリストに妻がいた可能性を示す文献が見つかったという記事が出たそうです。
妻がいるから成人ではないという事には直結しませんが、今までの解釈とはえらく違い事に関係者は戸惑ったり、困ったり、否定したりでしょう...。

ま、いくら神様のような人でも、恋はしても不思議でないし、神様も英雄なら色を好んでも不思議はない。
不思議はないどころか、当然だ。


現代の、日本の宗教関係者をみると、京都の花街は坊主だらけらしいし、特別エロい感じもします。
いやいや、それと創始者のキリストとを比較する事自体不謹慎ですね。
ならば、新興の宗教の創始者は...、これも、不謹慎か。


僕の程度であれば、キリストに妻がいる事には驚きませんし、違和感すらありませんが、キリストが偉人伝になっている事には衝撃を受けました。

改めて、いろんなレベルでの理解があるのですね。


で、キリストが妻帯者だったという事は、「キリストは彼らに言った。「私の妻は・・・」」って事が、古代文献に書かれていた事を根拠としている。

ま、それだけの、古い記述をたよりに決めつける事には抵抗があります。
世界でもっとも有名な人の影響力って、すざまじいものがありますね。

真実はどちらか?...ってな歴史のロマン的な解釈だけですめばいいですが、宗教を原因とする対立、争いには発展しない事を祈ります。

スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記