FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

体罰
高校の体育学科の生徒が、自殺しました。
いたましい、ほんにいたましい事です。
彼は思い悩み、自殺を考え、実行した。
心中をさっするとは言えるが、その苦しみは、きっと誰も理解できていないのだろう。

クラブをやめる...、学校をやめる...、転向する...等、自殺しなくてもよかったのだとの回避策も後の祭りです。

人生の喜びは、まだまだ味わっていない。
人生の喜びはイッパイあったのだ。
いたましい限りです。


指導にあたっていた教師は、大きな読み違えをしました。
クラブの為、チームの為、生徒個人の為、間違った体罰だけでなく、適材適所をも間違ったのか。
教師に完璧を求めるつもりはないけど、取り返しがつかない事です。



僕は、教育の場で、殴ってもいいし、蹴ってもいいと思う。
殴らないと、分からない生徒もいるし、殴らないといけないシーンもあるだろう。

言葉だけでは止められない非行も、早期に殴っておけば防げる場合もあるだろう。
後々の愛情と理解できる体罰も、学生時代は理解できない事の方が多いだろう。
いやいや、愛情ってことでなく、単なる指導方法の1つと理解したほうがナチュラルかもしれない。

教育員会の目を気にして、体罰はダメで、当たり障りのない指導では、ダメな生徒はダメなまま。
体罰は、教師にはできなとタカをくくり、生徒のやりたい放題なんてもっての外。
モンスターピアレンツもしゃしゃり出さしてはいけないのだ。

教育現場での体罰には、賛成です。
いや、言い方が悪いかな...。


「教育現場での、体罰禁止には、反対です。」

ん、このほうがしっくりするような。


運動部だけでの事ではなく、普通の授業の中でもです。



かの高校の運動部では、体罰は日常だったそうです。
今でも、そんな骨太の学校があったとは。

ま、他の体育科の学校でも、同じかもしれません。
厳しい指導を求めて、つまりはその結果としてのスポーツでの飛躍を求めて志望するような学校で、今、今年は入学させません...、じゃ、なんか可哀そうな気がします。

高校頃、僕はクラブ活動で、メタクタに殴られて事はないですが、水野君、きみはよく耐えたものです。
いやいや、ホントに、今さらながらですが。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記