FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

日本の地震とウィーンの計測
1923年の関東大震災のとき、即座に世界に知らしめてくれたのはウィーンのオーストリア気象庁らしい。

地震の直後、ウィーンの地震計は、大きな振れ幅を観測した。

ウィーンまでは約9千キロメートル、地球の反対側って言いたくなるような場所です。
そのウィーンでは、関東大地震の発生後12分で観測しだしたらしい。

東日本大地震も、その12分後に地震波を観測している。

太平洋の向こう岸に小さな津波が来たよ...ってなことにもびっくりしますが、海を越え陸を越えたウィーンにまで地震波が伝わるとは...。

地震って、地球規模での、地盤とか、なんかの調整なのですね。

1923年当時、日本は、すでに、地震多発地帯として知られていたそうな。
異なる地震波の到達時間のずれの計算や、日本からの地震波の波形も分かっていたので、日本が震源地とすぐ分かったそうだ。

東日本大震災での犠牲者は、死者15,861人、行方不明者2,939人とされている。
関東大震災では、約10万5千人が死亡した。
(ちなみに阪神淡路大震災は、死者 : 6,434名、行方不明者 : 3名)

犠牲者の数での比較は適切ではないにしても、1923年の犠牲者の数として、めちゃくちゃ多いような気がする。


当時から、日本は地震多発帯だと知っていたのに、地震対策は、まだまだ乏しいような印象です。
どうしてだろう?

ある震災対策の先生は、今からどんだけ急いで耐震対策をしても、決してすべての住宅の耐震化ができるなんてことはない...、と完全にあきらめている。
さびしい発言だけど、現実的です。
だからこそ、どう対応し、被害をどう小さく食い止めるか、考えなくてはいけません。

まずは、非難食、非難道具等の設置からかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記