FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

「てんかん」という病気
自動車運転中に「てんかん」の症状が(たぶん)出て、通行人7人を死亡させた事故が、数年前にありました。
他にも、重大な事故が重なり、てんかん患者全体に厳しい目が向けられているようです。

日本では、約100万人のてんかんの患者がいるそうです。
100人に一人弱。
思いのほか多い印象を持ちます。

事故をして病気のせいにするってのは、ダメダメです。
自覚を持って、生活すべきなのでしょうし、ほとんどの患者さんがそうされているのでしょう。

でも、どうしてもコントロールできなかったりする場面もあるでしょうし、周囲の人の理解も必要です。

てんかん患者へのアンケートでは、病気の事を隠した事がある人は、85%。
よくある、ときどきあるの人は、両方27.7%。

なかなかうちあけにくいというか、オープンにできないのでしょうね。
社会生活の中では、なんとなく不利な立場に追い込まれそうです...。

社会の中で広く受け入れられていないのは、気の毒です。

きっと、家族は理解しているのでしょうが、「家族以外の周囲の人が症状を理解してくれているか」という設問に、「しっかり理解」の人は、9.3%。
「ある程度理解」の31.7%と合わせても41%だけです。


100人に一人弱の割合ですが、周囲の人がてんかんとは聞いた事がありません。
これは、幸せな事なのか、言えずに苦しんでいる友達がいるのか...、ちょっと複雑な気持ちになります。

なりたくて病気になるわけもなく。
他者を受け入れ合うのは、病気の事だけでなく、とても難しいことかもしれません。
が、難しくても、ギブアップするわけにはいかない事ですね。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記