FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

日本と中国の死刑
2013年10月、北京の天安門広場で車が突入して炎上した事件で、ウイグル族とみられる被告3人を含む13人の死刑が執行された。
他の10人はウイグル自治区でテロ事件などに関わったとされている。
5月末に起訴され、初公判は13日で、異例のスピード判決。

今年5月22日にウルムチ市で車両突入、爆発事件があり、ウイグル族への締め付けが強化されているそうだ。

なんか、恐ろしい話です。

日本では、オウム教関連者が、死刑判決を受けながらも、まだ存命してたり、まだ裁判中で判決が出てない案件もあるようです。
オウムだけでなく、何十年と死刑を執行されずにいる受刑者もいる。

中国のスピード判決、執行も恐ろしいけど、税金で運営している壁の中で、いつまでも死刑執行を遅らせるってのは、別の意味で怖いのだ。

法務大臣は、死刑の書類に判子を押すのって怖いだろうし、気持ちわるいものだとは思う。
そして、死刑を執行する現場の担当者も…。

近日の新聞の書籍の宣伝で、自分の家族を殺した殺人犯に何を望むか…ってなコピーがありました。(ちゃんと覚えてないけど)

思想の違いとかでの死刑判決、執行は受け入れられません。
大きな罪を犯しての死刑判決は、即執行でないと受け入れられない人が多いのではないでしょうか。
⇒昔、クレオパトラが死んだ瞬間、肺の中にあった空気が、世界に均等に拡散されているとしたら、どれほどの分子が僕たちの肺の中にあるでしょうか? 的な計算をした理科っぽい先生がいました。
千とか万を超える数だったと思います。
男子校だった僕は、教室のクラスメイト45人ほどを見渡し、気持ち悪くなりました…。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記