FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

病児保育
NPOノーベルの高さんの話を聞く機会がありました。

「病児保育」ってことを事業にされていますが、僕は、その言葉すら知りませんでした。
病気の赤ちゃんや子供を預かったり、世話を見てくれるサービスのことです。

主に母が働いているとき、急な子供の発熱等があた時、面倒を見てくれるのです。
高さんのサービスは、施設に預けるのでなく、スタッフが家に来てくれるって仕組みで、大阪市を中心に、広げつつあり
ます。

シングルマザーなんかでは、仕事を休むと収入は単純に減るし、下手したら、クビになることすらあるそうです。
子供が熱を出して、会社をクビになる…、って、恐ろしい話です。

5歳未満の子供の発熱する日数は、年間で10日~30日もあります。
しょっちゅうですね。
熱を出すのが仕事...的な言い方すると変ですが、熱を出し、抵抗力をつけていくという成長過程なのでしょう。
そして、仕事の休みの日を指定して熱を出すわけでなく、むしろ大切な日の朝に発熱するとかって、あるあるネタかもしれません。

高さんは、NPOとし事業を運営し、採算を確保しています。
寄付とかがありきではなく、彼女は事業として成立させているのです。
良心のある、正しいNPOです。

この手の事って、なかなか採算が合わないというか、難しいことが多いだろうって思うけど、尊敬できることですね。

日本の子育て関連に対する公的支出は、GDPの約1%程度だとのこと。
これって先進国では、最低だそうです。
ちなみに手厚い国はフランスでGDPの3%だそうです。

ちなみに、日本の公的支出、子育て関連の約11倍を、高齢者に使っているそうです…。

ん~、なんとなく、もうちょっと未来=子供に向かって金をかけたいですね…。

ってか、そのうち、「老人に金かけろ!」って思うようになるのかな…、当事者として...。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記