FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
偽物…
建造物のくい打ち、虚偽記載…って、恐ろしい話ですね。
特定メーカーの、特定社員のみの関係した物件のみが怪しいのかな?
日常茶飯事…的な不安をあおるような記事も目にします。
困ったなぁ~、なんで、ちゃんとしなくなっちゃったんだろう??
住宅って、相応の価格だし、日本でも価値の上がるものもあるから、ややこしい。

さて、「20世紀最大」ともいわれている贋作絵画の詐欺事件の犯人画家は捕まってて、16年前から服役しています。
そのオッサン曰く、自分の描いた贋作のうち、少なく十120点が回収されずにいるそうな。
それらは、つまり…、今もホンモノとして扱われている…のでしょうね。

贋作を描くような絵画って、やっぱり一流品だろうから、価格にすると、日本のファミリー層向けの住宅どころじゃありません。
これも恐ろしい話ですね。

住宅は地震にあったときとか、命が危険にさらされるかもしれませんもん。
恐ろしい話って言っても、自分の持っている絵が贋作ってわかっても、命までは奪われませんからね。
でも、死んだようになっちゃうかもしれませんね。

さて、日本の個人収集家にも米国の画像から売られたと思う...そうです。
もしかしたら、僕の絵画も...、っての持ってたら楽しいのに...、いや持ってたら耳をふさぎたいニュースですね。

建物の偽物も、絵画の偽物も、チョット縁遠いように感じます。
でも、なにげに…というか、普通に、身の回りにある偽物っていうと...、例えば食べ物があります。
他の偽物とは違う怖さは、体内に取り入れちゃうってこと。

偽物イロイロ...注意しましょうね。

ってか、自分がモンモノになるべく努めましょう!
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。