FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

二木あいの愛し方と松石教授の愛し方
昨年の正月(だったと思う)と、今年の正月のテレビで、二木あい氏のテレビを観ました。
彼女は、素潜りをして(ボンベ等はつけない)、海の生き物と泳ぎ、写真を撮影します。
昨年は、クジラと泳いでました。
今年は、シャチと泳ぐ事がテーマでした。

彼女がクジラやシャチと泳いでいる姿を、別のカメラマンが、少し離れたところから撮影するんだけど、いや、圧巻というか、スゴイ光景です。
海の生き物とコミュニケーションしているんだろうなぁ~。
気持ちいいだろうし、感動的だろうなぁ~(^^♪

例えばクジラと出会って、1度でなく、2度、3度…、徐々に仲良くなっていく(距離が縮じまってくる感じは、壮大な感じが拡がります。

クジラと彼女の間に信頼関係が築づかれて行っているのだと思います。
これって、彼女のクジラだけでなく海の生物に対する「愛」なんだと思います。
彼女の愛を、クジラが受け止め、触れ合う近さで泳ぐことを許す…。


一方、北海道大学大学院の松石教授は、「ストランディング(座礁の意)ネットワーク北海道」という団体を運営している。
この団体は、北海道の海岸に漂着したクジラやイルカの死骸を調べ、生態を調査しています。
かれこれ10年も活動しているという。

漂着の目撃情報や、自治体からの連絡をうけ、急行し、種の特定、サイズ計測、外傷の有無を記録し、臓器、筋肉や血液を採取します。
情報は各地の研究者に提供され、生態解明や海の環境保全に役立てようというものです。
漂着した状態によっては、死因、回遊ルート、繁殖場所などが推定できて、海洋環境の把握、クジラの頭数管理とかにまで役立ちます。

相手は、死骸で、過去にさかのぼる研究を未来に活用します。
これは松石教授のクジラやイルカに対する「愛」ですね。


いろんな愛の形はあれども、ヒトも愛されるようにしなきゃいけません。

海の中で、二木あいは、愛されてたように見えたけど、そんな風にね(^^♪
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記