FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

夢の自動運転
自動運転の話題は多く、実現を待っています。

この週末、マイクロバスで京丹後へ1泊二日の旅に行きましたが、運転は一人の人がずっとしてくれました。
生き帰りの高速は2時間ぐらいと、後はした道...、しんどかったとは思いますが、ぐーぐー寝てました。
自分で運転するって想像してもしんどいし、特にこんな時、自動運転があれば、助かりますよね。

高速つかったロングドライブだけでなく、日常のショッピングとか、仕事の時とかでも、自動運転ならうれしいですね、僕は。


ただし...。、安全ならば。

自動運転での事故の責任が誰にあるのか議論されだしているようですが、自分に責任がなかったとしても、決して気持ちのいいものではありませんよね、きっと。
ましてや死亡事故だったりすると・・・。

先週、米の電気自動車メーカーのテスラの自動車が、自動運転モードで死亡事故をおこしました。
自動運転モードでの死亡事故は初めてで、詳しく検証されるのでしょう。

テスラは、自動運転モードには1億3千マイル以上の走行実績があるそうです。
米国では、9400マイルに1件の死亡事故が起きているそうで、人間の運転よりも安全だという見解もあるそうです。

ま、そんな風にも聞こえるかもしれませんが、テスラの自動運転モードは、前の車の自動追従やら、自動レーン変更とか比較的シンプルなモノだそうです。
車に乗って、行先言って(入力して)、目をつぶって寝ているうちに到着する...とかってんじゃないのだ。
比較できないよね。

死んだ側からしたら、相手の運転手に責任がある訳でなく、開発したり、設定した担当者の責任...とかって言われると、どうにも怒りをぶつけられなくて、変な気分になるんだろうね。

このニュースを見ても、死んだ人を気の毒には思うんだけど...、自動運転の実現が遠くなるなぁってなことも、同時に強く思っちゃいます。

ま、こんな単純な段階でのトラブル...ってかミス...があるのなら、ホンに、まだまだ先だね、僕の理想の自動運転は。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記