FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

自分の子供なら...
「自分の子供ならと考えて取り返してほしい」ってのは、横井早紀江さんの言葉。

39年前の11月15日、当時13歳、中学生だった横井めぐみさんが、北鮮に拉致、誘拐されました。
つい先日、11月15日、現場の新潟市で、救出を訴える集会が開かれ、その場で発言です。

その通りです!
拉致された人は他にもイッパイいます。
拉致は、見守るもの? 知らんふりするもの...って、わしらには、なんとなく刷り込まれてるのかな??

それもこれも、いわゆる平和憲法のせいです。
平和憲法って、よくもこんな皮肉な呼び方する人がいるモノです。(僕は、言わない。今日だけ)
今日の午後にでも、取り返しに行った欲しいです。
その手段は、選ぶ必要はありません。


米国では、トランプが大統領になりました。
めちゃくちゃなコト言ってるように思いますが、それが米国での国益にかなうと思っちゃった人が多いのでしょう。
その是非は語りませんが、日本の国益と、彼の考える米国の国益に共通点が多い事を願います。

日本が見習うとしたら、「国益」に焦点を絞る事かと思います。
そもそも国家の政治は、国民の財産と命と、国土を守る事です。
国益の第一歩です。

39年も、無理やり引き裂かれて、会えない、連絡すらできない...、どんな状況か想像すらできません。

自分の子供なら...、そして、もし自分がその子供だったら...。

本当は、つらい事も、イヤな事もある楽しい家族の生活を送っていけていたはずなのに、今では、人生で最後に再会をさせてあげられるか...的な話になりつつあります。

こんな事、あっていいはずありません。

国際世論の批判なんか関係ない。
すぐ動かなくてはいけません。

ん、やっぱ憲法がダメダメですね...。

即座に取り返すべく、遂行してください。
話し合い、交渉って手法は聞き飽きました!
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記