FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

電通と鬼十則
電通には鬼十則ってのがあります。
仕事に向き合う姿勢を示したものです。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

電通鬼十則の本を買って、読んだこともありますが、電通社員でなくとも、心に留めておきたい内容です。

で、電通の社員手帳には、当然、掲載されていますが、来年度の手帳への掲載をやめる事を検討しているそうです。


電通の社員が自殺した事を受けたの対応ですが、やむを得ないのかな??


さて、電通って、僕のイメージだけかな、恐ろしくハードワーク...ってか、会社に住んでるような職場なんだと思っています。
そして給料はいいし、コンパして遊びまくって...でも、終わったら会社に戻る...的な感じ。
テレビとか、報道の業界にも同じようなイメージがありますが、こっちはコンパで弱そう...。

ま、イロイロイメージがあると思いますが、絶対にブラック企業でしょうね、働き方を想像すると。
また、勝手なイメージですが、大手上場企業の役員さんのご子息ご令嬢がいっぱい入社するイメージで、親の企業は、みんな電通のお得意さん。
で、みんな、適当な時期に、退社して帰っていく...みたいな...。

プロパーで入った優秀な人が、電通の中で、ガシガシがしがし働きながら出世するんですよね、きっと。


今回の自殺の事、気の毒に思います。
気の毒に思うし、可哀そうにも思います。
でも、なんで電通に入っちゃったんだろう?
そんな会社だって、知らなかったのかな?
なんとなく入ったのなら、会社はエラク迷惑な話かもしれません。
働きたい、力を発揮したい人は山ほどいる人気企業なだけに、なんとなくで入社できたとしたらすごいポテンシャルだったのかもしれません。

でも入社する企業の事を何も知らないのはダメダメすぎますね。
WEBで、電通の華やかな所だけみて、入っちゃったのかな?
先輩や、同期の友達に何も聞かなかったのかな?

必要最低限のリサーチはしなくてはいけなかったのかもしれません。
そして、なによりも、ペーペーのサラリーマン程度の仕事の事で、大切な命を捨ててしまうなど、言語道断です。
たとえ、社会人としてはあるまじきですが、いじめ的な問題があったとしても、命に優先するものはありません。


もし、こんな若者が増えているのであれば、電通鬼十則は、不変というか、今からの時代でこそ、もっと大きく輝ける金言になるのではないかと思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記