FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

学校の品格
新島襄先生が設立した同志社は、非常に尊いと感じます。
教育者新島襄が、キリスト教ベースの教育の学校を、京都で、お寺に土地を借りながら設立って、おそろしくキツイ抵抗もあったでしょうね。
教育者としての信念が無いと、心が折れてたでしょう。

僕らが教育を受けた同志社を、新島襄を、誇りに思います。
同志社香里は、あるビジネス誌で、子供を入れたい高校で、日本一になってました。
ま、その程度は自慢ですね。
人の評価やし、変わっていくものだからね。

香里は男子校だったのに、共学になりました。
そんなニュースを聞いたときは、なんかイヤだったし、男子校でこそ香里だ...なんて思っていました。
が、今では、ちゃんと受け入れて、かわいい後輩ちゃんたちを微笑ましく眺めています。
そう、そんな変わって良いこともあれば、変わってはいけないこともあります。

変わってはいけないのは、教育のベースの良心ですし、品格です。


さて、数日前の日経新聞の広告に「どアホノミクスの正体」って、けばけばしいタイトルの書籍が掲載されてました。
著者の一人は、浜って紫の毛のおばはん。
...残念ですが、同志社大学大学院で教壇に立っています。
お恥ずかしい限りです。
この他にも、このおばはんには、お恥ずかしい書籍や、テレビ等でのお恥ずかしい発言など、イッパイあります。

同志社、しっかりしてください。
品性が疑われます。

昔、土井たか子が学歴詐称して、同志社卒としてました。
同志社大学は、公に出るまで、その事実を公表してませんでした。
土井が嘘つきなのは社会党だったから仕方ないけど、そのままに捨て置いたのは同志社大学の責任です。
知らなかったのか、勝手に信じてたのかはしりません。
確認してないとしても、疑惑が出た瞬間に、切り捨てなきゃいけませんでした。
(個人的には、なんか時間がかかったような印象があります。)
僕が同志社だというと、土井たか子と一緒と指摘され、えらく恥ずかしく、肩身の狭い思いをしたこともあります。

同志社、ホンにしっかりしておくれっ!
品性の無い輩を同志社の教壇に立たせてはいけません!!

追伸:例えば、「アホ」という言葉を使っても、格調の高い本もあります。
「アホバカ間抜け「天声人語」」って本ね。
ちなみに、著者の故谷沢永一先生は、関西大学の名誉教授でした。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記