FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

ツキノワグマの生態
ツキノワグマは、日本にも住んでいます。
警戒心が強く、人が行かないような山奥にしかいません。

根気よくツキノワグマを観察する猟師のテレビを見ました。

ツキノワグマの雌は、春に子を産み、雌一匹で、一年半かけて育てるそうです。
子熊同志が遊ぶ姿は、えらくカワイイ(^^♪

雄はというと、子を仕込むのみ。
仕込むのみですが、自己DNAの永続の為でしょうか、子育て中の雌熊までもを狙います。
子育て中の雌熊は発情しないのですが、子がいなくなると、発情するってことで、子熊を襲い、殺します。
もちろん雌は、雄熊を警戒し、近づくと戦いますが、どうも雄熊の方が強いみたいで、映像では、同じ母熊は、2年連続で、子熊(2匹×2年)を殺されちゃいました。

母熊は呆然としている感じでしたが、雄は図々しく?アプローチ、求愛します。

その母が、その雄を受け入れたのかは分かりませんが、翌年も子育てしてたので、どこかの雄熊を受け入れたのです。

自然の営みとはいえ、なかなか理解できません。
理解できないっていうより、理解するような事でなく、そういう生態なのだと受け入れるしかありません。
子熊は、自然界だけでなく、ツキノワグマ種の中での危機を乗り越えて、熊になるのです。
雌のツキノワグマは、ひっそり、見つからないように子育てしないといけないのですね。

ま、ツキノワグマの世界って、そんなもんなんやろけど、なんかなぁ~。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記