FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

コガシラネズミイルカ
ガシラネズミイルカってイルカは、メキシコ北西部のカリフォルニア湾にしかいない希少なイルカです。
1990年代後半には600頭いましたが、2014年に100頭をきり、15年には60頭になり、16年には、なんと30頭程度にまで、激減しています。
このイルカの最少存続可能個体数が、50頭ほどとの見積もりもあるのですが、これがあってたとしたら、今年いっぱいか来年には絶滅ですね。

なんかカワイイね(^^♪
コガシラネズミイルカ


漁網にひっかかって死ぬケースが多く、出生数も少ない事が原因と言われていますので、カリフォルニア湾での漁を禁止にする程度しか手立てがありませんね。
こりゃ、無理ですな。

で、「今すぐ、何頭かを捕獲し、安全な場所で保護しなければ絶滅してしまう」と報告されていますが、「慣れない環境に置くことで死んでしまう」という反対意見もあります。

どうでしょう?
どう判断するにしても、ウダウダ検討すると、すぐ時間がたちます。

まぁ、ほっといたら、1,2年で絶滅でしょう。早かったら半年。
ならば、全部捕獲して、繁殖実績のある水族館...、海洋研究所に預けましょう。

でも、その実績のある水族館ってあるのかな??
動物園、水族館は、なかなか自信を持って、うちが繁殖させる!ってとこなさそうに思います。

がんばれっ!

捕獲して、繁殖にチャレンジすれば、最悪、はく製だけは約30頭、確保できますね...、怒られちゃいそうですが、現実的な事かもしれません。

まぁ、それにしても手を打たなきゃって思うタイミング、遅すぎるよなぁ~。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記