FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

法令と規制
法令で縛られたり、規制でがんじがらめになってて、どうもやりにくい...って感じる事は少くないように感じられます。
法令や規制には、どっちでもええやんって事もあれば、当然だけ思う事もあります。
逆に当然すぎて、規制にするのってばかばかしい...って思う事も多い印象です。

先日から、週間ダイヤモンドにも掲載されている非常用発電機の負荷運転試験の事ですが、じつは、負荷運転試験に実施には、特に規制がありません。
つまりは、できるかどうかは別ですが、誰でも実施する事が可能なのです。

でも、負荷運転試験は、やもすれば発電機が爆発してしまう程、危険な作業です。
電気の事だけでなく、機械(エンジン=発電機)の事も分からなくてはできません。
違法だけど、ほぼ全ての現場で繰り返されてきた無負荷運転の点検を繰り返してきた発電機は、エンジン内にタールが残ってて、引火、爆発する危険のある状態な事もあり得るのです。
知識、ノウハウと経験の不足した人がすると、大事故につながる事すらあります。

日本非常用発電機協会では、常用発電機の「負荷運転試験」の、安全に、法令通りの実施すべく、現場にたいして、以下のようなハードルを設けています。
1. 実績がある事(最低限、年間30件程度はこなす事で、最低限の経験値、ノウハウはたまる)
2. 補償(それでも、何かあると困るので、一現場あたり15億円の専用保険を付す)
3. 機器性能(点検で利用する機器は、安全センター等第三者機関での認定を受ける)
4. 資格、専門(現場に応じて、各種電気工事施工管理技士等の資格をもつ)

防災の一環ですから、安心、安全を考えると、どうしても、自主的にでもハードルを設けます。
でも、これって、自主規制っていう「規制」で、自分に課すルールです。

悪い業者、スキル、知識、経験の足りない業者も、参入しようとしていますが、僕の自主規制の範疇ではありません。

ほんとは、自主規制でなく、正式な規制があれば、悪い、未熟な業者は排除できるのに...なんて思います。
規制って、面倒で厄介なものだと思っていましたが、規制が求められる事もあるのですね。
早期の規制、ルール作りをしてほしいものです、日本の防災のためにっ!


*日本非常用発電機協会では、ホテル、病院、高齢者施設、商業施設、大きなオフィスビルなどに設置義務のある非常用発電機の「負荷運転試験」の、法令通りの実施をすべく啓蒙活動を行っています。
もしもの時に、稼働しない非常用発電機の無くなく事を目指しています。
気になる方は、いつでも、お問い合わせください。
一般社団法人 日本非常用発電機協会
代表理事 山口 紀一
090-2191-1259
yamaguchi@jeg.or.jp
http://jeg.or.jp/
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記