いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

マングース駆除に化学兵器っ!
1979年、ハブ退治の為に30匹のマングースが、奄美大島に持ち込まれました。
ん、ちゃんと働いたのでしょう...、2000年ごろには約1万匹にまで増えました。
増えすぎやんねぇ??
って思ったら、特別天然記念物のアマミノクロウサギとか他の動物やら農作物に被害が広がったそうです。
一生懸命駆除し出した時は、年間3000匹とか捕獲できたんだけど、この数年は30~40匹程度だそうです。
ってか、現在の生息数は、50匹程度らしいので、まぁ、そんな数字でもいいかもですが、さらに力を入れるそうです。

で、今回、マングースを駆除するのに、毒入り餌を使います。
今までの駆除方法(ワナの設置や探索用の犬を使った作戦)じゃ、いよいよ難しいそうで、最終兵器かもしれません。
薬剤をつかう科学的な防除は今回が初めてだそうですが、残り50匹を駆除しきれれば、もう使わない...のでしょうね。

まずは、5月末までの実施で、効果を見極めるそうです。
効果だけでなく、他の動物が食べちゃう事は避けなきゃですもんね。

なんというか、いくら1979年の事とはいえ、こんなひどい結末を想像した人はいなかったんでしょうかね?
ハブ退治って、人の都合だけで、その瞬間の思いつきで、30匹だけ野に放した...って感じでしょうけど、1980年前後までは、その程度の食物連鎖崩しは、多いかもしれませんね。
困った、困った、まだ、他にもあるんだろうなぁ~、今更困った事が...。

マングースには罪はないのに...、ごめんなさい。


≪広告≫
日本非常用発電機協会では、ホテル、病院、高齢者施設、商業施設、大きなオフィスビルなどに設置義務のある非常用発電機の「負荷運転試験」の、法令通りの実施をすべく啓蒙活動を行っています。
もしもの時に、稼働しない非常用発電機の無くなる事を目指しています。
現在、ほとんどの非常用発電機は、消防点検の中で、法令通りの試験がされていません。
コンプライアンス維持を、安心・安全に、よりリーズナブルな費用で、実現できます。
一般社団法人 日本非常用発電機協会
代表理事 山口 紀一
090-2191-1259
yamaguchi@jeg.or.jp
http://jeg.or.jp/
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記