FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

おまえはタリバンか...って
日光を浴びると皮膚が腫れるポルフィリン症という病気がある。

この病気の高校生、黒いずきんをかぶって自転車の二人乗りをしていた。
おまわりさんが「その変な格好をしたやつ、止まれ。」と呼びとめ、「おまえはタリバンか」と言ったという。

県議会の代表質問で、県警本部長が「不適切だった」と謝罪した。
その病気を紹介するDVDを全署に配布し、職員の病気への理解を深めるという。

変な話。

そりゃ「タリバンか」って思うやろ。
普通やったら「ちゃいますよぉ~、二人乗りしてごめんなさい。」みたいな会話を想定していたはずなのに...、おまわりさんも気の毒です。
そして、一瞬二人乗りをやめて、おまわりさんが見えなさそうになると再び二人乗り...。

病気の高校生は、別の意味でもっと気の毒かとは思いますが、弱い立場を逆手に取るのは卑屈です。
新聞記事では、状況は分からないですが、メチャクチャな警察官が増えているなぁ~、しっかり管理しろよな、的な風潮があるように思う。学校の先生にしてもしかり。
きっちりして欲しいけど、聖人君子を求めるのは間違いです。

立場の違いはあっても、それをかさに来て、それを振り回すのはいけませんよね。
この出来事は、生徒と母親が警察署に怒鳴り込みをきっかけに大事になりました。

新聞記事には、「おまえはタリバンか」の後の会話は書かれていません。
「いえ、日光に当たるといけない病気なんです」
「おぉ、それは失礼」
みたいな会話はなかったのかな?

警察官が正しかったというつもりはありません。
でも、二人乗りした高校生が一方的に被害者でかわいそうとも思いません。

ひるがえって、自分は、人の弱みに、付け込み、過剰に困らせてる事はないように制御しなくてはいけないですね。
そんな時って、相手は何の反論もできないのが分かっていて、どこまでも言い放題で、気持ちいいんですけどね...。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記