FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

バイオ燃料の最近の事情
バイオ燃料は、作物、植物から作られる、いわゆるCO2を排出しないエコエネルギーと考えられていました。
でも、それは無理のある話で、その製造や、輸送の段階で一定量のCO2を排出する。
その排出を、ガソリンのそれの半分以下に抑えるルールを決めていくことになるようです。

そりゃ、そうですよね。
エコな燃料をつくるのに、CO2をバンバン出してたらエコとは違います。

そうすると、バイオ燃料を生産する時の減量が制限されるようになります。

現状でクリアできる減量は、ブラジルの既存農地のサトウキビと国産のテンサイ。
それと建築廃材も利用できるとのこと。

ガソリンをドンドンつかった、拡張路線の時とは違い、早く気付いてよかったね。

しっかり考えないといけないし、ゆっくりもしてられませんもんね。

一方、バイオ燃料の新減量に、ミドリムシを使おうという試みもあります。
農地がいらず、プールみたいな場所で大量生産できます。
効率的なのですが、きっと新ルールもクリアできるかも?

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

砂漠の国の取り組み
アラブ(UAE)では、海水を使って、砂漠での農業方法を確立し、バイオ燃料の原料となる農作物を生産するという。
農作物と聞くと食物と思っちゃうけど、最近は、燃料にするという道もあるのですね。

別のプロジェクトでは、集光太陽熱発電というものもあります。
地上16メートルにある反射鏡を介して太陽光を1点に集めます。
その温度が600度を超えると蒸気タービンを回し、発電するという。
この技術は、東京工業大学が開発したものらしい。

砂漠の国というかUAEでは、石油にかわる代替えエネルギーの取り組みにも積極的なようですね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

プルサーマルとリサイクル
プルサーマル発電計画なるものがあります。
原子力発電で一度使った核燃料を再利用するという事です。

東京電量では、、プルサーマル発電を福島県の原子力発電所で行いたいとのことで、これを福島県知事は「安全性」の確認などの条件で了承するという。

そもそも、核燃料という、豊富でない資源を再利用するのだから喜ばしいと思うのですが、どうなのだろう?

安全性って、プルサーマルだからでなく、原発自体に求められるし、火力も含め全ての発電所に求められるものです。
その安全性を条件ってどうなのだろう?


東京電力は、原発のトラブル隠しの実績もあり、安全性の再確認だけなのだろうか?
プルサーマルは、通常の原子力発電より安全性が劣るのか?

原子力発電は、クリーンエネルギーですってCMもあるけれど、リスクが大きすぎるのか??

なにか、新聞では報じきれない大切な事が、他にあるのかな?
資源の少ない日本だから、大切に、有効に、何でも活用したいですね。

でも、お役所日の丸的な、人任せ的な事は悔い改めるときが、ずいぶん前からきているのでしょうが、未だになじんでいないようにおもいます。

キレイな政治、キレイなお役所仕事を求めます。
そして、力強く、日本を引っ張っていってほしいものです。
って、これが人任せなのかなぁ?

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

振動発電
「振動発電」なるものが出てきています。

振動発電は、小さな揺れを電気に変えるものですが、その振動は、身近な小さなもを利用します。
たとえば、車の通る振動、人の歩く時の床の振動、歩くときの靴の振動…。
細かいのですが、それでも発電できるのですね。

小さいなら小さいなりの電気の利用方法があります。
たとえば、道路の劣化を検出するセンサーの電源とか、非常階段の足元照明とか、靴の電源とかは無線で飛ばす事にするだとか、イロイロです。

でも、考えるとエネルギーをイロイロなところで発生させる機会があるんですね。
今、こうしてキーボードを売ってても、微妙に発電できる機会なのですね。

そういえば、スポーツクラブの自転車こぎも、電源ナシの自家発電でコントロールできるようになってきているようですね。
石油、火力、風力、太陽光に原子力、大きな事だけでなく、小さな事にも目を向けてみても面白いかもしれませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

バイオガソリンの躍進と考えるべきか?
バイオエタノールを混入したガソリンは、昨年度ぐらいから増え続けていますね。

2010年度は、関東では、ほぼすべてのガソリンスタンドで販売されるようです。

このバイオガソリンは、植物由来のバイオエタノールを混入するのですが、現状は「1%」程度らしい。

これでもCO2削減に多少はなるようです。
が、現状バイオエタノールは、国産でなくブラジル等から輸入しており、運搬に時にO2を排出しちゃいます。

今後、国内での生産に期待ですね。
生産コストは、ガソリンよりも高いようですので、課題は大きいですね。


自動車界では、電気自動車や燃料電池車などのエコカーへのシフトが進む中、どこまでバイオガソリンを進めるのか難しい事のように思います。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記