FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

虫を食べる??
先日の記事の続編です。
http://everclean.blog35.fc2.com/blog-entry-2002.html

世界の人口が大爆発、急増した時、食糧問題は必須事項になります。

昆虫を食べる習慣は、日本にもありますが、世界にもあります。
世界で20億人ですから、3分の1以上も、そんな習慣があるのです。

昆虫は、高脂質、高タンパク、ビタミン、食物繊維、ミネラルなど栄養価が高く、しかも脂肪に含まれるコレステロールが少ない。
でも、小さいからたくさん食べないといけません。
たくさんというのは、何匹も...って事で、牛肉は1頭食べられないけど、それないの量だから、比較仕様がないかもしれない。
そして、家畜とは比較できないのは、量産しやすいそうです。


ん~、やっぱり、抵抗がありますなぁ~。

秀吉は、トラを食べてたのは有名な話。今は食べません。
明治以前は、牛肉食べなかったけど、今は、もう一般的です。
そのうち、昆虫レストランとかが、一般的になってくるのかな・・・。

ちなみに、事前に練習しておきたい人は、昆虫の食べ方の注意点です。
1.触ってみて皮膚に炎症ができるようなら、食べてはいけません。
2.腐敗臭など嫌な臭いがするのは、食べてはいけません。
3.下唇の内側に、昆虫を数分接触させ、炎症、焼ける感じ、酸味、苦み、石鹸のような味がすれば、食べてはいけません。
4.味がわるくなければ噛んで飲みこみ、8時間程度のうちに吐き気や下痢があれば、食べてはいけません。

そして、それ以外は食べて良しっ!!

って、ことで、お試しください。

(僕には、絶対無理...だと思います...)

日本の農業、頑張ってくれっ!

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

海の日は、暑いものなのだ!!
明日は海の日ですね。
第3月曜日が海の日なので、15日は、一番早いパターンですね~。

各地で暑い、暑いってニュースになりますが、夏だから暑いに決まってる...。
1961年~2012年の気候の観測で、年間の猛暑日の日数は、10年に0.5日の割合で増えているそうです。
都市部や都市化の影響が大きいだろう地域では、この数字が2.3日(名古屋)とか2.1日(京都)とか...。


でもでも、昔の方が、なんか暑くて、嫌だったように思います。

最近は、スーツなし、ネクタイなしでも許されるので、半そでシャツで失礼しています。
日中は自転車でガシガシ移動し、大汗かきます。
でも、まぁ、夏だしそんなもんかってな感じです。

ホントは、お肌もお眼メも日焼けには注意しなきゃなんだけど...、それは来年から考えるかな...。

ま、夏は夏で、はじけましょうっ!!

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

虫...食糧??
テレビで、虫を食べるシーンを見る事があります。
その地域の人には貴重な食べ物でも、ゲテモノ喰い的な印象に映ります。
僕は、虫やその幼虫を食べるのは、かなり怖がる方だと思います。
できれば、食べたくない...。

国連の食糧農業機関は、世界の食糧問題の解決の為、昆虫類を活用しようと発表した...。

環境に優しい家畜飼料用に、ってのはイイけど、食用として栄養価が高いそうだ。

世界が約60億人いるとして、その3分の1(約20億人)が、甲虫、ハチ、バッタなど1900種類の昆虫を伝統食としているそうです。

日本にも、イナゴを食べる地域があるけど、日本人全体も入っているのかなぁ??

昆虫の養殖も、一つの産業になりえるのでしょうが...、なんとなく...、ってか抵抗したいものです。
ま、これも平和ボケな感覚なのかもしれませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

秋刀魚はだれのものか?
日本の秋刀魚、漁獲量は20-30万トン程度。
60年代(えらく前ですが)は、40万トン以上あった。

魚離れだったりも、減少の要因ですね。

それと、今世紀に入り、徐々に近隣諸国(台湾、ロシア、韓国、中国)の漁獲量が急増している。

秋刀魚が、日本の領海に入ってくる前、つまり公海で、ガシガシ取っちゃうらしい。
日本領海に秋刀魚が来る事になると、少なかったり、小さくて取るべきでない成育状態だったり。

秋刀魚は、日本だけのものでもないけど、秋になったら、毎年のように、秋刀魚を食べたいなぁ~。

マグロ、カツオ、クジラなど、超広範囲に移動する水産資源に対しては、国際的な資源管理機関があり、毎年の漁獲割当量などルールを決めている。

秋刀魚だけでなく、イカやキンメダイなどに、このような国際機関はない。
なので公海上での漁は野放しです。

日本は、最近問題のウナギの保護で、中国、台湾と連携している。
秋刀魚を含め、他の水産資源の管理をすすめようとしている。


伝統的(って言ってイイのかな?)な食を守るのも、他国と強調しないといけない事になってきましたね。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

本わさびが、植物工場で...
え~、わさびが好きです。
わさびをお箸で取って、チョンって醤油につけて、あてにします。
時々泣く事もあるけど、お刺身食べ終わってても、残ったわさびは、大切にとっときます。

さて、そんなわさびの栽培には、キレイな自然、キレイな水が必要です。
工場では難しいと言われていたわさびの植物工場での栽培に成功した企業があります。
加工わさび製品では、最大手の、金印。

名古屋の会社なのですが、なんと北海道の網走市にオホーツク工場をもっています。
昨年から実験を続けてたという。

工場内で、環境を整える事で、生育期間は、通常の3分の2程度になるらしい。


この技術、採算性を検討しつつ5年程度で実用化するようです。

わさびの量産は、もっと大きなわさびの塊が、お刺身についてくるって事になるのかな?
あんまり大き過ぎると、わさびばっかり食べる事になるので、ちょっと大変ですが...。

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記