FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

ダニ...アレルゲン退治 1
最近アトピーの子供が増えています。
そのおおきな要因であるダニは、夏の間に爆発的に増えます。
今から、涼しく、そして寒くなって行くと死にますし、ほっといても約3カ月程度の寿命です。
最近の冬は、締め切って、温度管理のされていてダニにも心地いい住宅は多いようです。

さて、このダニは、生きたままも気持ち悪いですが、アレルゲンになるのは、死んでからです。
死骸が乾燥し、やがて粉砕されます。
細かい死骸は、空気中に舞って、それをヒトが吸い込むのです。
死骸だけでなく、実は、フン(一日6個フンをするらしい)も乾燥し、粉々になったものが舞い上がります。

いやはや、バッチイし、気持ち悪いですね。

最近のテレビで見た、ダニの生息場所ベスト10です。

10 スリッパの中
 9 カーテン
 8 エアコンフィルター
 7 フローリング
 6 食品庫
 5 畳
 4 ソファー 背と座面の隙間
 3 カーペット
 2 座布団
 1 マットレス

人の生活するピンポイントの場所にイッパイいるのです。
とくにマットレスなんで恐いですね。

明日は、撃退方法です。


テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

ダニ注意っ! 2 ~食品庫~
昨日は、「みんなの家庭の医学」ってテレビ番組でやってた「アナフィラキシー」って急性のアレルギー反応の事を書きました。

一度にたくさんのアレル原を体内に取り込むと、アナフィラキシーになります。
でも、そんな機会って少なそうに思いますよね。

しかーし、そんな機会は意外と身近にありました。

ダニの繁殖場所といえば、布団、マットレスのある寝室、押し入れ、カーペット...などイロイロありますが、意外な場所、「食品庫」にもたくさんのダニが繁殖する場合があるとの事が分かりました。

特に干物は、一袋いっぺんに使いきる事も少なく、空け口も結構ゆるゆるのまま保管する事がおおいのでは...?
干物には、アミノ酸系のうまみ成分がたっぷり含まれます。
ダニにもおいしいようで、袋の中に侵入してきます。
ダニが袋の中で大繁殖しちゃったら、それを食べるって、怖ろしいですよね。
食べる時、火を通したらダニは死にますが、死骸は消えません。

食品庫は、床下に設置する場合もありますが、ダニはより侵入しやすそうですよね。


さて、食品の保管はどうすればいいのでしょう?

一番いいのは、冷蔵庫に入れる。

なんでも冷蔵庫には入れられません。
ダニは湿度50%以下で、ほぼ死にますので、換気をまめに。
たとえば、いい天気の日、部屋の風を入れ替えるべく2か所の窓をあけましょう。
そして、同時に食品庫の扉もあけましょう。

保管するにしても、袋の口をとめるのでなく、なるべくタッパーに入れましょう。
それでも、ダニは侵入するので、できれば2重タッパーにしましょう。
とどめに、大きなタッパーと小さなタッパーの間にできる空間に乾燥材を入れておきましょう。


楽しみな食事が、ダニまみれになってるなんて嫌ですよね。
食品の保管...、気をつけましょうね。

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

ダニ注意っ! 1 ~アナフィロキシー~
梅雨の季節は、ダニが生まれ、繁殖始める季節です。
窓を閉め切っていた冬に、家の中にたまったダニの死骸、ダニの卵を、春先に家の外に出しましょう...っていうような事は毎年書いていると思います。

ダニ、ダニの死骸(乾燥して粉々になる)は、アレルギーの大きな原因の一つです。

通常、アレルギー反応は、体質と、アレル原との接触の蓄積の組み合わせです。

しかーし、急激にたくさんのアレル原を体内に取り込んでしまうと、急性的にアレルギー反応が出てしまします。

「みんなの家庭の医学」ってテレビ番組でやってたのですが、それを「アナフィラキシー」といいます。

アナフィラキシーは、急性で、症状も重い。
席が出て、ジンマシンが出て、吐き気をもよおし、呼吸困難にもなる...。


いや、怖ろしい...。

ダニ...だけでなくダニを含むハウスダストとされるカビ、ウィルスを含むホコリを掃除する事は大切です。
が、その時って、アレル原との接触も大きくなるので、要注意ですね。
なので、普段からのお掃除は、大切ですね。
健康の為にも、お掃除しましょう♪


そして、明日は、今まで気付かなかった、ダニの住みかを紹介します。

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

年末の大掃除の意味
そろそろ今日で仕事納めという会社も多いのではないでしょうか。
円高で海外旅行も素敵ですが、家にいる人は...、大掃除しましょ♪

その大掃除は年末と決まっています。
でも、時々提案するように、春先、梅雨明けなどの大掃除は、気温的に気持ちよくお掃除ができます。
そして撃退したいダニのライフサイクルにもマッチするのです。

で、年末のお掃除にも意味があります。
その起源は、平安の頃の陰陽師です。
陰陽師というと、怪しい祈祷師との印象もありますが、すぐれた天文学者でもあったようです。
天体望遠鏡の無かった当時、肉眼で天体を正確に観察してました。

陰陽師の影響は、意外と現代でも受けています。
例えば、節分で、豆をまくのは、鬼、邪気を払う行いです。
お祝い事の紅白のものも、陰と陽のバランスがよく縁起がいいらしい。

そして、桃太郎。
鬼は、牛と虎の象徴。(角としましまパンツ)
丑寅(うし・とら)の方向は、鬼門です。
それを、邪気を払う果物の桃から生まれた桃太郎が、丑寅とは正反対の方向の犬、
鳥、サルを手下に征伐する、という陰陽師の方位的お話です。

そして、年末の大掃除。
一年の罪、ケガレを年末に払い、清めるという、陰陽師の儀式が根付いているのです。

キレイなお家でお正月を迎えるのは気持ちいいものです。
縁起の事だけなく、健康の為にも、大掃除に取り組みましょうね!!

テーマ:日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

秋のハウスダスト対策! その3
秋のハウス出す対策シリーズの最終回は、寝具の対策です。

寝具には、ダニがすみつきやすい。
あったかいし、湿度もあるし、フケなどの食事にも事欠かない...。

人は寝ている間は無防備で、しかも長い時間を寝具の中で過ごします。

床の掃除では、モップが活躍し、掃除機は控えましょうとしましたが、寝具こそ、掃除機でダニを吸い出しましょう。

寝具には、週1とか、頻繁に掃除機をかけましょう。
ほか、その寝具が丸洗いできれば理想ですね。

枕カバー、シーツは、一番頻繁に選択したいですね。
枕カバーなんかは、タオルをまいて、その代わりにする事もありありです。

そして、もう一つ、天日干しですね。
ダニも生き物ですから、ゆっくり干さないと、太陽にあたる反対方面に逃げていくらしいです。
それと、バンバン干した布団を「たたく」のは逆効果。
ダニは逃げるし、むしろダニのフン、死骸を丁寧に粉砕しまくるような事らしい。

1つアイデアです。
寝具を干す時、黒いビニールで覆ってみましょう。
殺菌効果が増すらしいです。

さて、みなさん。
夏に増えたダニの死骸やフン、春に生まれるダニの卵を一掃し、健康的な冬、気持ちいいお正月を迎えるように、秋のハウスダスト対策をお試しください!

テーマ:+++掃除・収納・捨てる+++ - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記