FC2ブログ
いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...!
「お家」がキレイで清潔ならば、毎日の活力も倍増し、健康も維持できるっ! でも、どうすれば「清潔」は維持できるのだろう?                           生活習慣や、掃除の方法?  お家そのものの性能?   それとも...??

■ 最近の記事

■ カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ カテゴリー

■ 月別アーカイブ

■ 投票してくださーい♪

無料アクセス解析

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ メールくださーい!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

QRコード

働くママ
赤ちゃんが2歳半の時、そのお母さんが仕事をしているか割合は、46.5%でした。
約10年前は、35.5%でしたので、結構増えているようですね。

最近では、35%って数字は、6ヶ月の赤ちゃんのママの就業率です。

どんどん女性の社会進出がすすんでいますね...、なんては思えません。

共働きでないとやっていけない事も大きな理由だと思います。
家でいると精神的にしんどい...っていう人もいます。

男性社会の日本は、どうも経済は停滞気味ですね。
一気に爆発したいですが、きっと日本では、もっともっと女性の力を借りないと実現しないでしょうね。

女性が家庭に閉じこもっていない状況を作るのではいけません。
しっかり、働いてもらって、男性だけでは実現できないような、爆発的発展をおこしてもらいましょうね♪

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

告知:「子育てマルシェ」出展 at 虎ノ門ヒルズ
2月10日・11日、虎ノ門ヒルズにて開催される「子育てマルシェ」に出展します。
子育てマルシェ

子育てカウンセラー協会主催。
生年月日のみで、個性や能力を分析します。
東洋哲学の分類をベースに、約20年の呼ぶデータ蓄積と統計処理を重ねています。
これを「ISDロジック」と呼びますが、先週の学会「PLAT CON-15」(世界の理学・工学・教育のシステム研究者・教授が一同に集まる国際会議)にて、100以上の論文の中から5本のみ受賞する「Best Paper Award(優秀論文賞)」を受賞しました。
親は、「自分を理解」し、そして「子供を理解」する事で、お互いの違いが理解できます。
子供をより深く理解でき、その子への声のかけ方、喜ばせ方、ほめ方、注意のうながし方が明確に分かります。
そして、子育てのストレスは激減し、子育ての歓びが大きく膨らみます。

でぇ、僕は、米国のカワイイ子供シューズを展示します。
同時に、オーストリアの洗剤を使わないお掃除道具のデモ販売もします。
あ楽しみは、ベビーサインマーク認定第1号、大阪前田製菓さんの「小粒卵黄かぼちゃボーロ」のプレゼントもあります!!

ぜひぜひ、楽しみにご来場ください!!

http://kosodate-marche.com/

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

働くスタイルと学童保育
小学生の放課後の預け先が学童保育。
僕の母は、専業主婦だったので、全く関係なかったし、小学生の当時は、放課後は暗くなるまで校庭とか、近くの公園やグランドだけでなく、街中で遊びまくってました。
ん~、低学年の時も、いろいろ冒険して、怒られたような気がする...。

最近は、共働きが増え、子育てと両立する中で、学童保育は絶対条件のようになっているみたいです。

家族の暮らしのスタイルも変わってきています。
でも、働くスタイルはなかなか変わりません。

北欧では、社会福祉が厚いだけでなく、働くスタイルは自由な雰囲気です。
就業時間にもとらわれていないようで、用事のあるときは、仕事をストップして、早く帰るのも当然らしいです。

欧米では、過度な残業や、お付き合いみたいなんは、普通はありません。

それでも、ちゃんと社会が回っているのは…、きっとぉ、仕事の効率がいいのだと、思います。

ワーカホリックなんてことも、高度経済成長期から言われてますが、「長く」働くことも尊いとされている空気が、どうしてもぬぐいきれないのでしょうね。

欧米流も、良し悪しがあるのでしょうが...、共働きが広がる中、子育てに支障が出るような働くスタイルは、改めなくてはありません。
預けられりゃいいってわけでなく、なるべく多くの時間を子供と共に過ごし、子育てと、家庭での教育の義務を、楽しく、全うできるようにならなくてはならないと思います。
どうすりゃいいのか、わからんですが...。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

■ プロフィール

鈴木清一ファン!

Author:鈴木清一ファン!
徹底的にバスを掃除した。
すっごく気持ちよかったっ!
運気アップな気もするっ!

苦手だった掃除は、
いつのまにか強い味方に!

いつでも、いつまでも
 キレイで、清潔な生活を♪

お掃除を通じて自己改革!
お掃除を通じて環境改善!

内側も...、外側も、
 お掃除の影響で、
  変っていきます。

お掃除の事、
 環境の事、
  日々の考察を
   つづります。

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ Key Word Search

■ RSSフィード

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 いつでも、いつまでも、 キレイで清潔な生活を...! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記